<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經等空品第二十三(丹本作含受品)

五、ブッダ、摩訶衍は三世等と等しく認知できないことを説く

須菩提。汝所言是摩訶衍前際不可得後際不可得中際不可得。是衍名三世等。
以是故。
名摩訶衍。如是如是。
須菩提。是摩訶衍前際不可得後際不可得中際不可得。是衍名三世等。
以是故。
名摩訶衍。
何以故。
須菩提。過去世過去世空。未來世未來世空。現在世現在世空。三世等三世等空。摩訶衍摩訶衍空。菩薩菩薩空。
何以故。
須菩提。是空非一非二非三非四非五非異。
以是故。
名三世等。
須菩提、汝の言う所是の摩訶衍前際得る可から不、後際得る可から不、中際得る可から不。是の衍三世等と名づく。是を以ての故に、摩訶衍と名づくとける。
是の如し是の如し。須菩提、是の摩訶衍前際得る可から不、後際得る可から不、中際得る可から不。是の衍三世等と名づく。
是を以ての故に、摩訶衍と名づくと
く。
何を以ての故に。
須菩提、過去世は過去世空なり。未來世は未來世空なり。現在世は現在世空なり。三世等は三世等空なり。摩訶衍は摩訶衍空なり。菩薩は菩薩空なり。
何を以ての故に。

須菩提、是の空一に非ず、二に非ず、三に非ず、四に非ず、五に非ず、異に非ず。
是を以ての故に、三世等と名づくと
く。
是菩薩摩訶薩摩訶衍。
是衍中等不等相不可得故。
染不染不可得。
瞋不瞋不可得
癡不癡不可得。
慢不慢不可得。
乃至一切善法不善法不可得。
是衍中常不可得無常不可得。
樂不可得苦不可得。
實不可得空不可得。
我不可得無我不可得。
欲界不可得色界不可得無色界不可得。
度欲界不可得度色界不可得度無色界不可得。
是れ菩薩摩訶薩の摩訶衍なり。
是の衍の中に等・不等の相得る可から不るが故に、
染・不染得る可から不、
瞋・不瞋得る可から不、
癡・不癡得る可から不、
慢・不慢得る可から不、
乃至一切善法・不善法得る可から不。
是の衍の中に常得る可から不、無常得る可から不、
樂得る可から不、苦得る可から不、
實得る可から不、空得る可から不、
我得る可から不、無我得る可から不、
欲界得る可から不、色界得る可から不、無色界得る可から不、
欲界を度すること得る可から不、色界を度すること得る可から不、無色界を度すること得る可から不。
何以故。
是摩訶衍自法不可得故。
須菩提。過去色過去色空。未來現在色。未來現在色空。
過去受想行識。過去受想行識空。未來現在受想行識。未來現在受想行識空。
空中過去色不可得。
何以故。
空中空亦不可得。
SAT版無『。』)何況空中過去色可得。空中未來現在色不可得。
何以故。
空中空亦不可得。何況空中未來現在色可得。空中過去受想行識不可得。
何以故。
空中空亦不可得。何況空中過去受想行識可得。空中未來現在受想行識不可得。
何以故。
空中空亦不可得。何況空中未來現在受想行識可得。
何を以ての故に。
是の摩訶衍自法得る可から不るが故に。
須菩提、過去の色は過去の色空、未來・現在の色は未來・現在の色空。
過去の受・想・行・識は過去の受・想・行・識の空、
未來・現在の受・想・行・識は未來・現在の受・想・行・識の空。
空の中に過去の色は得る可から不。
何を以ての故に。
空の中に空亦た得る可から不。
何をか空の中に過去の色得る可きと況や。
空の中に未來、現在の色得る可から不。
何を以ての故に。
空の中に空亦た得る可から不。
何をか空の中に未來・現在の色得る可きと況や。
空の中に過去の受・想・行・識得る可から不。
何を以ての故に。
空の中に空亦た得る可から不。
何をか空の中に過去の受・想・行・識得る可きと況や。
空の中に未來・現在の受・想・行・識得る可から不。
何を以ての故に。
空の中に空亦た得る可から不。
何をか空の中に未來・現在の受・想・行・識得る可きと況や。
須菩提。過去檀那波羅蜜不可得。未來檀那波羅蜜不可得。現在檀那波羅蜜不可得。三世等中檀那波羅蜜亦不可得。
何以故。
等中過去世不可得。未來世不可得。現在世不可得。等中等亦不可得。
何況等中過去世未來世現在世可得。尸羅波羅蜜
提波羅蜜毘梨耶波羅蜜禪那波羅蜜般若波羅蜜亦如是。
復次須菩提。過去世中四念處不可得。乃至過去世中十八不共法不可得。未來世現在世亦如是。
復次須菩提。三世等中四念處不可得。三世等中乃至十八不共法亦不可得。
須菩提、過去の檀那波羅蜜得る可から不。未來の檀那波羅蜜得る可から不。現在の檀那波羅蜜得る可から不。三世等の中に檀那波羅蜜亦た得る可から不。
何を以ての故に。
等しき中に過去世得る可から不。未來世得る可から不。現在世得る可から不。等しき中等に亦た得る可から不。
何をか等しき中に過去世・未來世・現在世得る可きと況や。尸羅波羅蜜・
提波羅蜜・毘梨耶波羅蜜・禪那波羅蜜・般若波羅蜜亦た是の如し、
復た次に須菩提、過去世の中に四念處得る可から不。乃至過去世の中に十八不共法得る可から不。未來世・現在世亦た是の如し。
復た次に須菩提、三世等き中に四念處得る可から不。三世等き中に乃至十八不共法亦た得る可から不。
何以故。
等中過去世四念處不可得。等中未來世四念處不可得。等中現在世四念處不可得。乃至十八不共法亦如是。等中等亦不可得。
何況等中過去世四念處。未來現在世四念處可得。等中等亦不可得。
何況等中過去世乃至十八不共法可得。未來現在世乃至十八不共法(
SAT版有『。』)亦如是。
復次須菩提。過去世凡夫人不可得。未來世現在世中凡夫人不可得。三世等中凡夫人亦不可得。
何を以ての故に。
等しき中に過去世の四念處得る可から不。等しき中に未來世の四念處得る可から不。等しき中に現在世の四念處得る可から不。
乃至十八不共法亦た是の如く、等しき中等に亦た得る可から不。
何をか等しき中に過去世の四念處。未來・現在世の四念處得る可きと況や。等しき中等に亦た得る可から不。
何をか等しき中に過去世乃至十八不共法得る可きと況や。未來・現在世乃至十八不共法亦た是の如し。
復た次に須菩提、過去世に凡夫人得る可から不。未來世・現在世の中に凡夫人得る可から不。三世等き中に凡夫人亦た得る可から不。
何以故。
生不可得。乃至知者見者不可得故。過去世中(『中』誤彫ならん)聲聞辟支佛菩薩佛不可得。未來(『世』欠字ならん)現在世。聲聞辟支佛菩薩佛不可得。三世等中聲聞辟支佛菩薩佛不可得。
何以故。
生不可得乃至知者見者不可得故。
如是須菩提。菩薩摩訶薩住般若波羅蜜中。學三世等相。當具足一切種智。
是名菩薩摩訶薩摩訶衍。所謂三世等相。
菩薩摩訶薩住是衍中。勝一切世間及諸天人阿脩羅。成就薩婆若。
爾時須菩提白佛言。
世尊。善哉善哉。是菩薩摩訶薩摩訶衍。
何を以ての故に。
生得る可から不。乃至知者・見者得る可から不るが故に。過去世に聲聞・辟支佛・菩薩・佛得る可から不。未來世・現在世に聲聞・辟支佛・菩薩・佛得る可から不。三世等き中に聲聞・辟支佛・菩薩・佛得る可から不。
何を以ての故に。
生得る可から不乃至知者・見者得る可から不るが故に。
是の如く須菩提、菩薩摩訶薩般若波羅蜜の中に住し、三世の等しき相を學び、當に一切種智を具足すべし。
是を菩薩摩訶薩の摩訶衍と名づく。謂う所の三世の等しき相なり。
菩薩摩訶薩是の衍の中に住し、一切の世間及び諸の天・人・阿脩羅に勝り、薩婆若を成就す」
爾の時須菩提、佛に言を白せり。
「世尊。善い哉、善い哉。是れ菩薩摩訶薩の摩訶衍なり。

何以故。
過去諸菩薩摩訶薩。是衍中學得一切種智。
未來世
(『世』誤彫ならん)諸菩薩摩訶薩。亦是衍中學當得一切種智。
世尊。今十方無量阿僧祇國土中諸菩薩摩訶薩。亦是衍中學得一切種智。
以是故。世尊。是衍實是菩薩摩訶薩摩訶衍。
佛告須菩提。
如是如是。過去未來現在諸佛是摩訶衍中學。已得一切種智。當得今得

摩訶般若經卷第六

何を以ての故に。
過去の諸の菩薩摩訶薩、是の衍の中に學びて一切種智を得たり。
未來の諸の菩薩摩訶薩、亦た是の衍の中に學びて當に一切種智を得べし。

世尊。今十方無量阿僧祇の國土の中の諸の菩薩摩訶薩、亦た是の衍の中に學びて一切種智を得ん。
是を以ての故に、世尊。是の衍實に是れ菩薩摩訶薩の摩訶衍なり」
佛須菩提に告げり。
「是の如し是の如し。過去・未來・現在の諸の佛是の摩訶衍の中に學び、已に一切種智を得、當に得べく、今得たり」

摩訶般若經卷第六

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館