<<目次へ  <<戻る  訓読へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜経勝出品第二十二

五、ブッダ、仏道に於いても摩訶衍が一切の世間等に勝出する理由を説く

須菩提。若諸佛三十二相。是有法非無法者。諸佛威コ不能照然勝出一切世間及諸天人阿修羅。 須菩提。もし諸々の仏の三十二相、というものが、存在する事物であって、存在しない事物というものでなければ、諸々の仏の威徳は照然として、一切の世間及び諸々の天・人・阿修羅に勝出することができない。
須菩提。以諸佛三十二相無法非法。以是故。諸佛威コ照然勝出一切世間及諸天人阿修羅。 須菩提。諸々の仏の三十二相、は、事物であるとか事物でないということがないのであり、こういうわけで、諸々の仏の威徳は照然として、一切の世間及び天・人・阿修羅の中に勝出するのである。
須菩提。若諸佛光明是有法非無法者。諸佛光明不能普照如恒河沙等國土。 須菩提。もし諸々の仏の光明というものが、存在する事物であって、存在しない事物というものでなければ、諸々の仏の光明はガンジス川の沙ほどもある国土を普く照らすことができない。
須菩提。以諸佛光明無法非法。以是故。諸佛能以光明普照如恒河沙等國土。 須菩提。諸々の仏の光明は、事物であるとか事物でないということがないのであり、こういうわけで、諸々の仏は光明を以てガンジス川の沙ほどもある国土を普く照らすことができるのである。
須菩提。若諸佛六十種莊嚴音聲是有法非無法者。諸佛不能以六十種莊嚴音聲遍至十方無量阿僧祇國土。 須菩提。もし諸々の仏の六十種の荘厳な音声というものが、存在する事物であって、存在しない事物というものでなければ、諸々の仏は、六十種の荘厳音声を以て、十方の無量の阿僧祇の国土に遍く至ることができない。
須菩提。以諸佛六十種莊嚴音聲無法非法。以是故。諸佛能以六十種莊嚴音聲遍至十方無量阿僧祇國土。 須菩提。諸々の仏の六十種の荘厳な音声は、事物であるとか事物でないということがないのであり、こういうわけで、諸々の仏は六十種の荘厳な音声を以て遍く十方の無量の阿僧祇の国土に至ることができるのである。
須菩提。諸佛法輪若當是有法非無法者。諸佛不能轉法輪諸沙門婆羅門若天若魔若梵。及世間餘所不能如法轉者。 須菩提。諸々の仏の法輪がもしまさに、存在する事物であって、存在しない事物というものでなければ、諸々の仏は法輪を転ずることができず、諸々の沙門(シュラマナ、出家行者)、婆羅門(ブラーフマナ、バラモン)、もしくは天、もしくは魔、もしくは梵(ブラフマー梵天)、及び世間の余衆も理法の如く転ずることができないであろう。
須菩提。以諸佛法輪無法非法。以是故。諸佛轉法輪諸沙門婆羅門若天若魔若梵及世間餘(所欠字ならん)不能如法轉者。 須菩提。諸々の仏の法輪は、事物であるとか事物でないということがないのであり、こういうわけで、諸々の仏は法輪を転ずるが、諸々の沙門、婆羅門、もしくは天、もしくは魔、もしくは梵及び世間の余衆は理法の如く転ずることができない。
須菩提。諸佛為生轉法輪。是生若實有法非無法者。不能令是生於無餘涅槃而般涅槃。 須菩提。諸々の仏が衆生の為に法輪を転ずるに、この衆生がもし実に存在する事物であって、存在しない事物というものでなければ、この衆生に無余涅槃(さらに余すもののない涅槃)として般涅槃(パリニルヴァーナ、煩悩の炎が吹き消された状態、すべての精神的かつ肉体的な解脱の総合状態)させることはできないのである。
須菩提。以諸佛為生轉法輪是生無法非法。以是故。能令生於無餘涅槃中。已滅今滅當滅SAT版有上字) 須菩提。諸々の仏が衆生の為に法輪を転ずるに、この衆生は、事物であるとか事物でないということがないのであり、こういうわけで、衆生に無余涅槃の中で、既に滅し、今滅し、まさに滅させることができるのである」

<<目次へ  <<戻る  訓読へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館