<<目次へ  <<戻る  訓読へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜経勝出品第二十二

三、ブッダ、真理に於いても摩訶衍が一切の世間等に勝出する理由を説く

須菩提。若法性是有法非無法者。是摩訶衍不能勝出一切世間及諸天人阿修羅。 須菩提。もし事物の本性というものが、存在する事物であって、存在しない事物というものでなければ、この摩訶衍は一切の世間及び天・人・阿修羅の中に勝出することはできないのである。
須菩提。以法性無法非法。以是故。摩訶衍勝出一切世間及諸天人阿修羅。 須菩提。事物の本性は、事物であるとか事物でないということがないのであり、こういうわけで、摩訶衍は一切の世間及び天・人・阿修羅の中に勝出するのである。
須菩提。若如實際不可思議性。是有法非無法者。是摩訶衍不能勝出一切世間及諸天人阿修羅。 須菩提。もし〈諸々の事物の〉あるがままの実体・〈諸々の事物の〉究極的な真実・不可思議の本性というものが、存在する事物であって、存在しない事物というものでなければ、この摩訶衍は一切の世間及び天・人・阿修羅の中に勝出することはできないのである。
須菩提。以如實際不可思議性無法非法。以是故。摩訶衍勝出一切世間及諸天人阿修羅。 須菩提。もし〈諸々の事物の〉あるがままの実体・〈諸々の事物の〉究極的な真実・不可思議の本性、事物であるとか事物でないということがないのであり、こういうわけで、摩訶衍は一切の世間及び天・人・阿修羅の中に勝出するのである。
須菩提。若檀那波羅蜜。是有法非無法者。是摩訶衍不能勝出一切世間及諸天人阿修羅。 須菩提。もし檀那波羅蜜(ダーナ:布施+パーラミター:到彼岸、超越)というものが、存在する事物であって、存在しない事物というものでなければ、この摩訶衍は一切の世間及び天・人・阿修羅の中に勝出することはできないのである。
以檀那波羅蜜無法非法。
以是故。摩訶衍勝出一切世間及諸天人阿修羅。
檀那波羅蜜は、事物であるとか事物でないということがないのであり、こういうわけで、摩訶衍は一切の世間及び天・人・阿修羅の中に勝出するのである。
若尸羅波羅蜜提波羅蜜毘梨耶波羅蜜禪那波羅蜜般若波羅蜜。是有法非無法者。是摩訶衍不能勝出一切世間及諸天人阿修羅。 もし尸羅(シーラ:持戒)波羅蜜・(クシャーンティ:忍辱)波羅蜜・毘梨耶(ヴィーリャ:精進)波羅蜜・禅那(ディヤーナ、三昧)波羅蜜・般若(プラジニャー:智慧)波羅蜜というものが、存在する事物であって、存在しない事物というものでなければ、この摩訶衍は一切の世間及び天・人・阿修羅の中に勝出することはできないのである。
以尸羅波羅蜜乃至般若波羅蜜無法非法。以是故。摩訶衍勝出一切世間及諸天人阿修羅。 尸羅波羅蜜ないし般若波羅蜜は、事物であるとか事物でないということがないのであり、こういうわけで、摩訶衍は一切の世間及び天・人・阿修羅の中に勝出するのである。
須菩提。若空乃至無法有法空。是有法非無法者。是摩訶衍不能勝出一切世間及諸天人阿修羅。 須菩提。もし内空ないし無法有法空というものが、存在する事物であって、存在しない事物というものでなければ、この摩訶衍は一切の世間及び天・人・阿修羅の中に勝出することはできないのである。
空乃至無法有法空無法非法。以是故。摩訶衍勝出一切世間及諸天人阿修羅。 内空ないし無法有法空は、事物であるとか事物でないということがないのであり、こういうわけで、摩訶衍は一切の世間及び天・人・阿修羅の中に勝出するのである。
須菩提。若四念處乃至十八不共法。是有法非無法者。是摩訶衍不能勝出一切世間及諸天人阿修羅。 須菩提。もし四念処ないし十八不共法というものが、存在する事物であって、存在しない事物というものでなければ、この摩訶衍は一切の世間及び天・人・阿修羅の中に勝出することはできないのである。
以四念處乃至十八不共法無法非法。以是故。摩訶衍勝出一切世間及諸天人阿修羅。 四念処ないし十八不共法は、事物であるとか事物でないということがないのであり、こういうわけで、摩訶衍は一切の世間及び天・人・阿修羅の中に勝出するのである。

<<目次へ  <<戻る  訓読へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館