<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經出到品第二十一

四、ブッダ、誰も大乗に乗って出ることがないことを説く

須菩提。汝所問誰當乘是乘出者。
無有人乘是乘出者。
何以故。
是乘及出者。
SAT版無『。』)所用法及出時。是一切法皆無所有。
若一切法無所有。用何等法當出。
須菩提。汝問う所誰か當に是の乘に乘りて出ずる者ぞ。
人是の乘に乘りて出ずる者有ること無し。
何を以ての故に。
是の乘及び出ずる者。用いる所の法及び出ずる時。是の一切の法皆な有る所無し。
若し一切の法有る所無くば、何等の法を用いて當に出ずるや。
何以故。
我不可得乃至知者見者不可得。畢竟淨故。
不可思議性不可得。畢竟淨故。
陰入界不可得。畢竟淨故。
檀那波羅蜜不可得。畢竟淨故。
乃至般若波羅蜜不可得。畢竟淨故。
空不可得。畢竟淨故。
乃至無法有法空不可得。畢竟淨故。
何を以ての故に。
我得る可から不乃至知者・見者得る可から不。畢竟淨の故に。
思議す可から不る性得る可から不。畢竟淨の故に。
陰・入・界得る可から不。畢竟淨の故に。
檀那波羅蜜得る可から不。畢竟淨の故に。
乃至般若波羅蜜得る可から不。畢竟淨の故に。
空得る可から不。畢竟淨の故に。
乃至無法有法空得る可から不。畢竟淨の故に。
四念處不可得。乃至十八不共法不可得。畢竟淨故。
須陀
不可得。乃至阿羅漢辟支佛菩薩佛不可得。畢竟淨故。
須陀
果乃至阿羅漢果辟支佛道佛道一切種智不可得。畢竟淨故。
不生不滅不垢不淨無起無作不可得。畢竟淨故。
過去世未來
(世欠字ならん)現在世生住滅不可得。畢竟淨故。
搆ク不可得。畢竟淨故。
四念處得る可から不。乃至十八不共法得る可から不。畢竟淨の故に。
須陀得る可から不。乃至阿羅漢・辟支佛・菩薩・佛得る可から不。畢竟淨の故に。
須陀果乃至阿羅漢果・辟支佛道・佛道・一切種智得る可から不。畢竟淨の故に。
生ぜ不る・滅せ不る・垢つか不る・淨まら不る・無起・無作得る可から不。畢竟淨の故に。
過去世・未來世・現在世・生・住・滅得る可から不。畢竟淨の故に。
掾E減得る可から不。畢竟淨の故に。
何法不可得故不可得。
法性不可得故不可得。
如實際不可思議性法相法位檀那波羅蜜不可得故不可得。乃至般若波羅蜜。不可得故不可得。
空不可得故不可得。乃至無法有法空不可得故不可得。
四念處不可得故不可得。乃至十八不共法不可得故不可得。
須陀
不可得故不可得。乃至佛不可得故不可得。
須陀
果不可得故不可得。乃至佛道不可得故不可得。
不生不滅乃至不起不作。不可得故不可得。
何なる法得る可から不るが故に得る可から不とするや。
法性得る可から不るが故に得る可から不とする。
如・實際・思議す可から不る性・法相・法位・檀那波羅蜜得る可から不るが故に得る可から不とし、乃至般若波羅蜜、得る可から不るが故に得る可から不とする。
空得る可から不るが故に得る可から不るとし、乃至無法有法空得る可から不るが故に得る可から不とする。
四念處得る可から不るが故に得る可から不とし、乃至十八不共法得る可から不るが故に得る可から不とする。
須陀得る可から不るが故に得る可から不とし、乃至佛得る可から不るが故に得る可から不とする。
須陀果得る可から不るが故に得る可から不とし、乃至佛道得る可から不るが故に得る可から不とする。
生ぜ不る・滅せ不る乃至起き不る・作さ不る、得る可から不るが故に得る可から不とする。
復次須菩提。
初地不可得故不可得。乃至第十地不可得故不可得。畢竟淨故。
云何為初地乃至十地。
所謂乾慧地性地八人地見地薄地離欲地已作地辟支佛地菩薩地佛地。
空中初地不可得。乃至無法有法空中初地不可得。
空乃至無法有法空中。第二第三第四第五第六第七第八第九第十地不可得。
復た次に須菩提。
初地得る可から不るが故に得る可から不とし、乃至第十地得る可から不るが故に得る可から不とする。畢竟淨の故に。
何う云うと為すや、初地乃至十地とは。
謂う所の乾慧地・性地・八人地・見地・薄地・離欲地・已作地・辟支佛地・菩薩地・佛地なり。
空中に初地得る可から不。乃至無法有法空中に初地得る可から不。
空乃至無法有法空中に、第二・第三・第四・第五・第六・第七・第八・第九・第十地得る可から不。

何以故。
須菩提。初地非得非不得。乃至十地非得非不得。畢竟淨故。
空乃至無法有法空中。成就生不可得。畢竟淨故。
空乃至無法有法空中。淨佛國土不可得。畢竟淨故。
空乃至無法有法空中五眼不可得。畢竟淨故。
如是須菩提。
菩薩摩訶薩以一切諸法不可得故。乘是摩訶衍出三界。住薩婆若。SAT版無『。』)

何を以ての故に。
須菩提。初地得るに非らず得不るに非らず。乃至十地得るに非らず得不るに非らず。畢竟淨の故に。
空乃至無法有法空中に、生の成就得る可から不。畢竟淨の故に。
空乃至無法有法空中に、佛國土を淨むるを得る可から不。畢竟淨の故に。
空乃至無法有法空中に、五眼得る可から不。畢竟淨の故に。
是の如し須菩提。
菩薩摩訶薩一切諸法得る可から不るを以ての故に、是の摩訶衍に乘りて三界を出でて薩婆若に住する」

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館