<<戻る  現代語訳へ  高麗本へ>>

 

宋本摩訶般若波羅蜜經出到品第二十一

二、ブッダ、大乗として出て到り留まるものはないことを説く(二)

若欲出無相法。為欲出空乃至無法有法空。
何以故。
須菩提。
空性乃至無法有法空性。不出三界。亦不住薩婆若。
所以者何。
空性空性空。乃至無法有法空性。無法有法空性空故。
若し無相法を出さんと欲さば、空乃至無法有法空を出さんと欲すと為す。
何を以ての故に。
須菩提。
空性乃至無法有法空の性は三界を出で不、亦た薩婆若に住さ不。
以ての所の者は何か。
空性・空性は空、乃至無法有法空性・無法有法空性の空の故に。
若欲出無相法。為欲出四念處。
何以故。
四念處性。不出三界。亦不住薩婆若。
所以者何。
四念處性四念處性空。
若し無相法を出さんと欲さば、四念處を出さんと欲すと為す。
何を以ての故に。
四念處の性は三界を出で不、亦た薩婆若に住さ不。
以ての所の者は何か。
四念處性、四念處性空なり。
若欲出無相法。為欲出四正勤四如意足五根五力七覺分八聖道分。
何以故。
八聖道分性。不出三界。亦不住薩婆若。
所以者何。
八聖道分性八聖道分性空故。乃至十八不共法亦如是。
若し無相法を出さんと欲さば、四正勤・四如意足・五根・五力・七覺分・八聖道分を出さんと欲すと為す。
何を以ての故に。
八聖道分の性は三界を出で不、亦た薩婆若に住さ不。
以ての所の者は何か。
八聖道分性の八聖道分空であり、乃至十八不共法亦た是の如し。
須菩提。若欲出無相法。為欲出阿羅漢生處。為欲出辟支佛生處。為欲出多陀阿伽度阿羅呵三藐三佛陀生處。
何以故。
阿羅漢性辟支佛性佛性。不出三界。亦不住薩婆若。
須菩提。若し無相法を出さんと欲さば、
阿羅漢の生處を出さんと欲すと為す。
辟支佛生處を出さんと欲すと為す。
多陀阿伽度阿羅呵三藐三佛陀生處を出さんと欲すと為す。
何を以ての故に。

阿羅漢性・辟支佛性・佛性は三界を出で不、亦た薩婆若に住さ不。
所以者何。
阿羅漢性阿羅漢性空。辟支佛性辟支佛性空。佛性佛性空。
若欲出無相法。為欲出須陀洹果斯陀含果阿那含果阿羅漢果辟支佛道佛道一切種智。
以ての所の者は何か。
阿羅漢性、阿羅漢性は空。辟支佛性、辟支佛性は空。佛性、佛性は空なるが故に。
若し無相法を出さんと欲さば、須陀
果・斯陀含果・阿那含果・阿羅漢果・辟支佛道・佛道・一切種智を出さんと欲すと為す。
何以故。
須陀
果乃至一切種智性。不出三界。亦不住薩婆若。
所以者何。
須陀
果乃至一切種智。一切種智性空故。
若欲出無相法。為欲出名字假名施設相但有言語。
何を以ての故に。
須陀
果乃至一切種智性は三界を出で不、亦た薩婆若に住さ不。
以ての所の者は何か。
須陀
果乃至一切種智・一切種智性は空なるが故に。
若し無相法を出さんと欲さば、名字・假名施設相但だ言語有ることを出さんと欲すと為す。
何以故。
名字不出三界。亦不住薩婆若。
所以者何。
名字相名字相空故。乃至施設亦如是。
若欲出無相法。為欲出不生不滅不垢不淨無起無作法
何を以ての故に。
名字は三界を出で不、亦た薩婆若に住さ不。
以ての所の者は何か。

名字相・名字相は空の故に、乃至施設亦た是の如し。
若し無相法を出さんと欲さば、不生・不滅・不垢・不淨・無起・無作法を出さんと欲すと為す。
(以下底本)
何以故。
不生乃至無作法性。不出三界亦不住薩婆若。
所以者何。

不生性乃至無作性性空故。
須菩提。以是因
故。摩訶衍從三界中出。至薩婆若中。住不動故。


何を以ての故に。
不生乃至無作法の性、三界を出で不、亦た薩婆若に住さ不。
以ての所の者は何か。
不生の性乃至無作の性性空の故に。
須菩提。是の因
を以ての故に、摩訶衍三界の中從り出でて、薩婆若の中に住すに至る。動か不るが故に。

<<戻る  現代語訳へ

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館