<<目次へ  <<戻る  訓読へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜経出到品第二十一

二、ブッダ、大乗として出て到り留まるものはないことを説く(二)
大正新脩大藏經は本経に関しては縮刷藏をその儘収録しているようである。縮刷藏には本品(高麗本)冒頭九百八十二字宋本に大異あり校訂甚難として相当部分八百九十九字を第六巻末に掲載しているが、このサイトではその部分をここにリンクする。

若人欲使空出乃至無法有法空出。是人為欲使無相法出。 もしも人が、内面の空を出させ、さらに存在せず存在する事物の空を出させようと欲するならば、この人は姿かたちのない事物を出させようと欲しているというのである。
何以故。
須菩提。
空相乃至無法有法空相。不出三界亦不住薩婆若。
どうしてであろうか。
須菩提。内面の空の姿かたち、さらに存在せず存在する事物の空の姿かたちは三界から出ず、また薩婆若に留まらない。
所以者何。
空性空。乃至無法有法空無法有法空性空故。
何がその理由であろうか。
内面の空、内面の空の本性が空であり、さらに存在せず存在する事物の空、存在せず存在する事物の空の本性が空であるからである。
若人欲使四念處出。是人為欲使無相法出。 もしも人が、四つの観行を出させようと欲するならば、この人は姿かたちのない事物を出させようと欲しているというのである。
何以故。
四念處性。不出三界亦不住薩婆若。
どうしてであろうか。
四つの観行の本性は三界から出ない、また薩婆若に留まらない。
所以者何。
四念處性四念處性空故。
何がその理由であろうか。
四つの観行の本性、四つの観行の本性が空であるからである。
若人欲使四正懃四如意足五根五力七覺分八聖道分出。是人為欲使無相法出。 もしも人が、四つの正しい勤め・四つの神秘的の能力・五つの善根・五つの能力・七つの覚りの要素・八つの正しい道を出させようと欲するならば、この人は姿かたちのない事物を出させようと欲しているというのである。
何以故。
八聖道分性。不出三界不住
SAT版有『。』)薩婆若。
どうしてであろうか。
八つの正しい道の本性は三界から出ない、薩婆若に留まらない。
所以者何。
八聖道分性八聖道分性空故。乃至十八不共法亦如是。
何がその理由であろうか。
八つの正しい道の本性、八つの正しい道の本性が空であり、さらに十八不共法もまたこのようである。
須菩提。若人欲使阿羅漢出生處。是人為欲使無相法出。 須菩提。もしも人が、阿羅漢(アルハン、小乗仏教修行者の最高位)を生処から出させようと欲するならば、この人は姿かたちのない事物を出させようと欲しているというのである。
若人欲使辟支佛出生處。是人為欲使無相法出。 もしも人が、辟支仏(プラティエーカ・ブッダ、独力で悟りながら他人に説かない小乗の聖者)を生処から出させようと欲するならば、この人は姿かたちのない事物を出させようと欲しているというのである。
若人欲使多陀阿伽度阿羅訶三藐三佛陀出生處。是人為欲使無相法出。 もしも人が、多陀阿伽度(タターガタ、如来)・阿羅訶(アルハン、応供)・三藐三仏陀(サムャクサンブッダ、正智)を生処から出させようと欲するならば、この人は姿かたちのない事物を出させようと欲しているというのである。
何以故。
阿羅漢性辟支佛性佛性。不出三界亦不住薩婆若。
どうしてであろうか。
阿羅漢の本性・辟支仏の本性・仏の本性は三界から出ない、また薩婆若に留まらない。
所以者何。
阿羅漢性、阿羅漢性空。辟支佛性、辟支佛性空。佛性、佛性空故。
何がその理由であろうか。
阿羅漢の本性、阿羅漢の本性が空であり、辟支仏の本性、辟支仏の本性が空であり、仏の本性、仏の本性が空であるからである。
若人欲使須陀洹果斯陀含果阿那含果阿羅漢果辟支佛道佛道一切種智出。是人為欲使無相法出。如上 もしも人が、須陀(スロータアーパンナ、小乗仏教修行の第一の階梯)果・斯陀含(サクリダーガーミー、小乗仏教修行の第二の階梯)果・阿那含(アナーガーミー、小乗仏教修行の第三の階梯)果・阿羅漢果・辟支仏道・仏道・一切種智(一切空なるがゆえに平等・無差別であることを知りながら現象の諸の姿かたちの種別を見極める智慧)を出させようと欲するならば、この人は姿かたちのない事物を出させようと欲しているというのである。上の説明と同じである。
若人欲使名字假名施設相但有語言出。是人為欲使無相法出。 もしも人が、名称・仮に設け施した名称の姿かたちが、ただの語言であることを出させようと欲するならば、この人は姿かたちのない事物を出させようと欲しているというのである。
何以故。
名字空。不出三界亦不住薩婆若。
どうしてであろうか。
名称が空であることは三界から出ない、また薩婆若に留まらない。
所以者何。
名字相名字相空故。乃至施設亦如是。
何がその理由であろうか。
名称の姿かたち、名称の姿かたちが空であるからであり、さらに設け施したたものもまた同じようである。
(若ならん)人欲使不生不滅法不垢不淨無作法出。
是人為欲使無相法出。
もしも人が、生ぜず・滅しない事物、垢つかず・浄まらず・作されない事物を出させようと欲するならば、この人は姿かたちのない事物を出させようと欲しているというのである。
何以故。
不生乃至無作法性。不出三界亦不住薩婆若。
どうしてであろうか。
生じない、さらに作されない事物の本性は三界から出ない、また薩婆若に留まらない。
所以者何。
不生性乃至無作性性空故。
何がその理由であろうか。
生じないことの本性さらに作されないことの本性の本性が空であるからである。

須菩提。以是因故。摩訶衍從三界中出。至薩婆若中。住不動故。

須菩提。この因縁によって、摩訶衍は三界の中から出て、薩婆若の中に留まるに到る。〈摩訶衍は〉動かないからである。

<<目次へ  <<戻る  訓読へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館