<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經發趣品第二十

六、ブッダ、五地中に住し遠離すべき十二法を説く

云何菩薩遠離親白衣。
菩薩出家所生。從一佛國至一佛國。常出家剃頭著染衣。是名遠離親白衣。
云何菩薩遠離比丘尼。
不共比丘尼住。乃至彈指頃亦不生念。是名遠離比丘尼。
「菩薩白衣に親しむを遠離するとは何う云うや」
「菩薩生ぜる所の家を出て、一佛國從り一佛國に至り、常に出家し剃頭し染衣を著す。是れ白衣に親しむを遠離すると名づく」

「菩薩比丘尼を遠離するとは何う云うや」
「比丘尼と共に住せ不、乃至彈指の頃も亦た念を生ぜ不。是れ比丘尼を遠離すると名づく」
云何菩薩遠離慳惜他家。
菩薩如是思惟我應安樂
生。
他今助我安樂云何生慳。是名遠離慳惜他家。
云何菩薩遠離無益談處。
若有談處或生聲聞辟支佛心。我當遠離。是名遠離無益談處。
「菩薩他家を慳惜するを遠離するとは何う云うや」
「菩薩是の如く思惟す『我應に生を安樂にすべし。他は今我を助け安樂なり』。慳を生ずとは何う云うや。是れ他家を慳惜するを遠離すると名づく」
「菩薩無益の談處を遠離するとは何う云うや」
「若しは談處有り、或は聲聞・辟支佛の心を生ず。我れ當に遠離すべし。是れ無益の談處を遠離すると名づく」
云何菩薩遠離瞋恚。
不令瞋心惱心鬥
(鬪ならん)心得入。是名遠離瞋恚。
云何菩薩遠離自大。
所謂不見
法故。是名遠離自大。
云何菩薩遠離
人。
所謂不見外法故。是名遠離
人。
「菩薩瞋恚を遠離するとは何う云うや」
「瞋心・惱心・鬪心を令て入るを得しめ不。是れ瞋恚を遠離すると名づく」
「菩薩自大を遠離するとは何う云うや」

「謂う所の法を見不るが故に。是れ自大を遠離すると名づく」
「菩薩人を
篾むを遠離するとは何う云うや」
「謂う所の外法を見不るが故に。是れ人を
篾むを遠離すると名づく」
云何菩薩遠離十不善道。
是十不善道能障八聖道。何況阿耨多羅三藐三菩提。是名遠離十不善道。
云何菩薩遠離大慢。
是菩薩不見法可作大慢者。是名遠離大慢。
云何菩薩遠離自用。
是菩薩不見是法可自用者。是名遠離自用。
「菩薩十不善道を遠離するとは何う云うや」
「是の十不善道は能く八聖道に障る、阿耨多羅三藐三菩提何を況んや。是れ十不善道を遠離すると名づく」
「菩薩大慢を遠離するとは何う云うや」
「是の菩薩法の大慢を作す可き者を見不。是れ大慢を遠離すると名づく」
「菩薩自用を遠離するとは何う云うや」

「是の菩薩是の法を自から用いる可き者を見不。是れ自用を遠離すると名づく」
云何菩薩遠離顛倒。
顛倒處不可得故。是名遠離顛倒。
云何菩薩遠離婬怒癡。
婬怒癡處不可見故。
是名遠離婬怒癡。
是為菩薩住五地中遠離十二法。
「菩薩顛倒を遠離するとは何う云うや」
「顛倒する處得る可から不るが故に。是れ顛倒を遠離すると名づく」
「菩薩婬・怒・癡を遠離するとは何う云うや」
「婬・怒・癡の處見る可から不るが故に。是れ婬・怒・癡を遠離すると名づく。
是れ菩薩五地の中に住し十二法を遠離すると為す」

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館