<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經卷第六

後秦龜茲國三藏鳩摩羅什譯

發趣品第二十

一.ブッダ、スブーティに菩薩摩訶薩の十地を概説する(一)

佛告須菩提。
汝問云何菩薩摩訶薩大乘發趣。若菩薩摩訶薩行六波羅蜜時。從一地至一地。是名菩薩摩訶薩大乘發趣。
須菩提白佛言。
世尊。云何菩薩摩訶薩從一地至一地。
佛言。
菩薩摩訶薩知一切法無來去相。亦無有法若來若去若至若不至。諸法相不滅故。
菩薩摩訶薩於諸地。不念不思惟。而修治地業亦不見地。
何等菩薩摩訶薩治地業。
佛須菩提に告げさとせり。
「汝菩薩摩訶薩が大乘に發趣するとは何う云うやと問えり。若しは菩薩摩訶薩六波羅蜜を行じし時、一地從り一地に至る。是れ菩薩摩訶薩が大乘に發趣すると名づく」
須菩提佛に言を白せり。
「世尊。菩薩摩訶薩一地從り一地に至るとは何う云うや」
佛言わく。
「菩薩摩訶薩一切の法に來去の相無きを、亦た法に若しは來、若しは去、若しは至、若しは不至の有ること無きを知る。諸の法の相不滅の故に。
菩薩摩訶薩諸地に於て、念ぜ不、思惟せ不。而も地業を修治し亦た地を見不。
何等か菩薩摩訶薩地業を治むるや。
菩薩摩訶薩住初地時行十事。
一者深心堅固。用無所得故。
二者於一切
生中等心。生不可得故。
三者布施施者受者不可得故。
四者親近善知識亦不自高。
五者求法一切法不可得故。
六者常出家。家不可得故。
七者愛樂佛身。相好不可得故。
八者演出法教。諸法分別不可得故。
九者破
慢法生慧不可得故。
十者實語。諸語不可得故。
菩薩摩訶薩如是初地中住。修治十事治地業。
菩薩摩訶薩初地に住する時十事を行ずる。
一者は深心堅固なり、得る所無きを用ての故に。
二者は一切
生中に於て等心なり、生得る可から不るが故に。
三者は布施なり、施者・受者得る可から不るが故に。
四者は善知識に親近し、亦た自から高くせ不。

五者は法を求むる、一切法得る可から不るが故に。
六者は常に出家する、家得る可から不るが故に。
七者は佛身を愛樂する、相好得る可から不るが故に。
八者は法教を演出する、諸の法の分別得る可から不るが故に。
九者は
慢法を破する、〈〉生・〈智〉慧得る可から不るが故に。
十者は實語なり、諸語得る可から不るが故に。
菩薩摩訶薩是の如く初地中に住し、十事を修治し、地業を治むる。
復次須菩提。菩薩摩訶薩住二地中。常念八法。
何等八。
一者戒清淨。
二者知恩報恩。
三者住忍辱力。
四者受歡喜。
五者不捨一切
生。
六者入大悲心。
七者信師恭敬諮受。
八者勤求諸波羅蜜。
須菩提。是名菩薩摩訶薩住二地中滿足八法。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩二地中に住し、常に八法を念ずる。
何等か八なるや。

一者は戒の清淨。
二者は恩を知り恩に報いる。
三者は忍辱力に住する。
四者は歡喜を受く。
五者は一切
生を捨て不。
六者は大悲心に入る。
七者は師を信じ恭敬し、諮受する。
八者は諸波羅蜜を勤求する。
須菩提。是れ菩薩摩訶薩二地中に住し八法を滿足すると名づく。
復次須菩提。菩薩摩訶薩住三地中行五法。
何等五。
一者多學問無厭足。
二者淨法施亦不自高。
三者淨佛國土亦不自高。
四者受世間無量懃苦不以為厭。
五者住慚愧處。
須菩提。是名菩薩摩訶薩住三地中。應滿足五法。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩三地中に住し、五法を行ずる。
何等か五なるや。
一者は學問多く厭足無し。
二者は法施を淨め亦た自ら高くせ不。
三者は佛國土を淨め亦た自ら高くせ不。
四者は世間の無量の懃苦を受けて以て厭うを為さ不。
五者は慚愧の處に住す。
須菩提。是れ菩薩摩訶薩三地中に住し、應に五法を滿足すべきと名づく。
復次須菩提。菩薩摩訶薩住四地中。應受行不捨十法。
何等十。
一者不捨阿蘭若住處。
二者少欲。
三者知足。
四者不捨頭陀功コ。
五者不捨戒。
六者穢惡諸欲。
七者厭世間心順涅槃心。
八者捨一切所有。
九者心不沒。
十者不惜一切物。
須菩提。是名菩薩摩訶薩住四地中不捨十法。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩四地中に住し、應に行を受け十法を捨て不るべし。
何等か十なるや。
一者は阿蘭若の住處を捨て不。
二者は少欲なり。
三者は知足なり。
四者は頭陀の功コを捨て不。
五者は戒を捨て不。
六者は諸欲を穢惡する。
七者は世間心を厭い涅槃心に順ず。
八者は一切の有る所を捨つる。
九者は心沒せ不。
十者は一切物を惜しま不。
須菩提。是れと菩薩摩訶薩四地中に住し、十法を捨て不と名づくる。
復次須菩提。菩薩摩訶薩住五地中。遠離十二法。
何等十二。
一者遠離親白衣。
二者遠離比丘尼。
三者遠離慳惜他家。
四者遠離無益談(處ならん)
五者遠離瞋恚。
六者遠離自大。
七者遠離蔑人。
八者遠離十不善道。
九者遠離大慢。
十者遠離自用。
十一者遠離顛倒。
十二者遶(遠ならん)離婬怒癡。
須菩提。是為菩薩摩訶薩住五地中遠離十二事。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩五地中に住し、十二法を遠離する。
何等か十二なるや。
一者は白衣に親しむを遠離す。
二者は比丘尼を遠離す。
三者は他家に慳惜するを遠離す。
四者は無益の談處を遠離す。
五者は瞋恚を遠離す。
六者は自大を遠離す。
七者は蔑人を遠離す。
八者は十不善道を遠離す。
九者は大慢を遠離す。
十者は自用を遠離す。
十一者は顛倒を遠離す。
十二者は婬・怒・癡を遠離す。
須菩提。是れ菩薩摩訶薩五地中に住し十二事を遠離すると為す。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館