<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經廣乘品第十九(丹本名爲四念處品)

四、ブッダ、三解脱門・十一智・三根・三三昧・十念を説く

復次須菩提。菩薩摩訶薩摩訶衍。所謂三三昧。
何等三。
空無相無作三昧。
空三昧名諸法自相空。是名空解
門。
無相名壞諸法相不憶不念。是名無相解
門。
無作名諸法中不願作。是名無作解
門。
是名菩薩摩訶薩摩訶衍。以不可得故。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩の摩訶衍は、謂う所の三三昧なり。
何等をか三となす。
空・無相・無作三昧なり。
空三昧は諸の法の自相空なるに名づく。是れ空解
門、と名づく。
無相は諸の法の相を壞し憶せ念ぜ不るに名づく。是れ無相解
門、と名づく。
無作は諸の法の中に願を作さ不るに名づく。是れ無作解
門、と名づく。
是れ菩薩摩訶薩の摩訶衍と名づく。得る可から不るを以ての故に。
復次須菩提。菩薩摩訶薩摩訶衍。所謂苦智集智滅智道智盡智無生智法智比智世智他心智如實智。
云何名苦智。知苦不生是名苦智。
云何名集智。知集應斷是名集智。
云何名滅智。知苦滅是名滅智。
云何名道智。知八聖道分是名道智。
云何名盡智。知諸婬恚癡盡是名盡智。
云何名無生智。知諸有中無生是名無生智。
云何名法智。知五蔭本事是名法智。
云何名比智。知眼無常乃至意觸因
生受無常是名比智。
云何名世智。知因
名字是名世智。
云何名他心智。知他
生心是名他心智。
云何名如實智。諸佛一切種智是名如實智。
須菩提。是名菩薩摩訶薩摩訶衍。以不可得故。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩の摩訶衍は、謂う所の苦智・集智・滅智・道智・盡智・無生智・法智・比智・世智・他心智・如實智なり。
何う苦智と名づけると云うや。苦は生ぜ不と知る、是れ苦智と名づく。
何う集智と名づけると云うや。集は應に斷ずべしと知る、是れ集智と名づく。
何う滅智と名づけると云うや。苦は滅すと知る、是れ滅智と名づく。
何う道智と名づけると云うや。八聖道分を知る、是れ道智と名づく。
何う盡智と名づけると云うや。諸の婬・恚・癡盡くると知る、是れ盡智と名づく。
何う無生智と名づけると云うや。諸の有中に生無しと知る、是れ無生智と名づく。
何う法智と名づけると云うや。五蔭の本事を知る、是れ法智と名づく。
何う比智と名づけると云うや。眼の無常乃至意觸因
生の受の無常を知る、是れ比智と名づく。
何う世智と名づけると云うや。因
の名字を知る、是れ世智と名づく。
何う他心智と名づけると云うや。他の
生の心を知る、是れ他心智と名づく。
何う如實智と名づけると云うや。諸の佛の一切種智、是れ如實智と名づく。
須菩提。是れ菩薩摩訶薩の摩訶衍と名づく。得る可から不るを以ての故に。
復次須菩提。菩薩摩訶薩摩訶衍。所謂三根。未知欲知根知根智者根。
云何名未知欲知根。諸學人未得果信根精進根念根定根慧根。是名未知欲知根。
云何名知根。諸學人得果信根乃至慧根。是名知根。
云何名智者根。諸無學人若阿羅漢若辟支佛諸佛信根乃至慧根。是名智者根。
須菩提。是名菩薩摩訶薩摩訶衍。以不可得故。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩の摩訶衍は、謂う所の三根、未知欲知根・知根・智者根なり。
何う未知欲知根と名づけると云うや。諸の學人未だ果を得ざる信根・精進根・念根・定根・慧根。是れ未知欲知根と名づく。
何う知根と名づけると云うや。諸の學人果を得たる信根乃至慧根。是れ知根と名づく。
何う智者根と名づけると云うや。諸の無學人、若しは阿羅漢、若しは辟支佛、諸佛の信根乃至慧根。是れ智者根と名づく。
須菩提。是れ菩薩摩訶薩の摩訶衍と名づく。得る可から不るを以ての故に。
復次須菩提。菩薩摩訶薩摩訶衍。所謂三三昧。
何等三。
有覺有觀三昧。無覺有觀三昧。無覺無觀三昧。
云何名有覺有觀三昧。離諸欲離惡不善法。有覺有觀離生喜樂入初禪。是名有覺有觀三昧。
云何名無覺有觀三昧。初禪二禪中間。是名無覺有觀三昧。
云何名無覺無觀三昧。從二禪乃至非有想非無想定。是名無覺無觀三昧。
須菩提。是名菩薩摩訶薩摩訶衍。以不可得故。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩の摩訶衍は、謂う所の三三昧なり。
何等をか三となす。
有覺有觀三昧、無覺有觀三昧、無覺無觀三昧なり。
何う有覺有觀三昧と名づけると云うや。諸欲を離れ惡・不善法を離れ、有覺有觀・離生喜樂の初禪に入る。是れ有覺有觀三昧と名づく。
何う無覺有觀三昧と名づけると云うや。初禪・二禪の中間なり。是れ無覺有觀三昧と名づく。
何う無覺無觀三昧と名づけると云うや。二禪乃至非有想非無想定に從う。是れ無覺無觀三昧と名づく。
須菩提。是れ菩薩摩訶薩の摩訶衍と名づく。得る可から不るを以ての故に。
復次須菩提。菩薩摩訶薩摩訶衍。所謂十念。
何等十。
念佛念法念僧念戒念捨念天念善念出入息念身念死。
須菩提。是名菩薩摩訶薩摩訶衍。以不可得故。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩の摩訶衍は、謂う所の十念なり。
何等をか十となす。
念佛・念法・念僧・念戒・念捨・念天・念善・念出入息・念身・念死なり。
須菩提。是れ菩薩摩訶薩の摩訶衍と名づく。得る可から不るを以ての故に。

復次須菩提。菩薩摩訶薩摩訶衍。所謂四禪四無量心四無色定八背捨九次第定。
須菩提。是名菩薩摩訶薩摩訶衍。以不可得故。

復た次に須菩提。菩薩摩訶薩の摩訶衍は、謂う所の四禪・四無量心・四無色定・八背捨・九次第定なり。
須菩提。是れ菩薩摩訶薩の摩訶衍と名づく。得る可から不るを以ての故に。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館