<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經廣乘品第十九(丹本名爲四念處品)

一、ブッダ、スブーティに三十七道品を説く(一)

佛告須菩提。
菩薩摩訶薩摩訶衍。所謂四念處。
何等四。
須菩提。菩薩摩訶薩
身中循身觀亦無身覺。以不可得故。
外身中
外身中循身觀亦無身覺。以不可得故。懃精進一心除世間貪憂。
法。外受外心外法。外受外心外法。循法觀亦無法覺。以不可得故。懃精進一心除世間貪憂。
須菩提。菩薩摩訶薩云何
身中循身觀。
須菩提。若菩薩摩訶薩行時知行。
住時知住。
坐時知坐。
臥時知臥。
知身所行如是知。
須菩提。菩薩摩訶薩如是
身中循身觀。懃精進一心除世間貪憂。以不可得故。
佛須菩提に告げさとせり。
「菩薩摩訶薩の摩訶衍は、謂う所の四念處なり。
何等をか四となす。
須菩提。菩薩摩訶薩
身中に身を循りて觀じ亦た身に覚無し。得る可から不るを以ての故に。
外身中・
外身中に身を循りて觀じ亦た身に覚無し。得る可から不るを以ての故に、懃に精進し一心に世間の貪憂を除く。
受・心・法、外受・外心・外法、外受・外心・外法に循法觀し亦た法に覚無し。得る可から不るを以ての故に、懃に精進し一心に世間の貪憂を除く。
須菩提。菩薩摩訶薩
身中に身を循りて觀ずるとは何う云うや。
須菩提。若し菩薩摩訶薩行ずる時行を知り、
住する時住を知り、
坐する時坐を知り、
臥する時臥を知り、
身の行ずる所を知れば是の如く知る。

須菩提。菩薩摩訶薩是の如く身中に身を循りて觀じ、懃に精進し一心に世間の貪憂を除く。得る可から不るを以ての故に。
復次須菩提。菩薩摩訶薩若來若去。視瞻一心屈申(伸ならん)俯仰。服僧伽梨執持衣缽。飲食臥息坐立睡覺。語默入出禪定。
亦常一心。如是須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。
身中循身觀以不可得故。
復次須菩提。菩薩摩訶薩
身中循身觀時。
一心念入息時知入息。出息時知出息。
入息長時知入息長。出息長時知出息長。
入息短時知入息短。出息短時知出息短。
譬如
(旋ならん)師若(旋ならん)師弟子。繩長知長繩短知短。菩薩摩訶薩亦如是。SAT版無『。』)
一心念入息時知入息。出息時知出息。
入息長時知入息長。出息長時知出息長。
入息短時知入息短。出息短時知出息短。
如是須菩提。菩薩摩訶薩
身中循身觀。懃精進一心除世間貪憂。以不可得故。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩若しは來り若しは去り、視瞻一心、屈伸俯仰、僧伽梨を服し、衣缽を執持し、飲食、臥息、坐立、睡覺、語默、禪定に入出するも、亦た常に一心なり。
是の如く須菩提、菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じ、
身中に身を循りて觀ず、得る可から不るを以ての故に。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩
身中に身を循りて觀ずる時、
一心に念じ、入息の時入息を知り、出息の時出息を知り、
入息長き時入息長きを知り、出息長き時出息長きを知り、
入息短き時入息短きを知り、出息短き時出息短きを知る。
譬えば旋師若しくは旋師の弟子の、繩長ければ長きを知り、繩短かければ短きを知るが如く、菩薩摩訶薩も亦た是の如く、
一心に念じ、入息の時入息を知り、出息の時出息を知り、
入息長き時入息長きを知り、出息長き時出息長きを知り、

入息短き時入息短きを知り、出息短き時出息短きを知る。
是の如く須菩提。菩薩摩訶薩是の如く
身中に身を循りて觀じ、懃に精進し一心に世間の貪憂を除く。得る可から不るを以ての故に。
復次須菩提。菩薩摩訶薩觀身四大作是念。
身中有地大水大火大風大。
譬如屠牛師若屠牛弟子。以刀殺牛分作四分。作四分已若立若坐觀此四分。
菩薩摩訶薩亦如是。行般若波羅蜜時。種種觀身四大地大水大火大風大。
如是須菩提。菩薩摩訶薩
身中循身觀。以不可得故。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩身の四大を觀て是の念を作す。
『身中に地大・水大・火大・風大有り』
譬えば屠牛師若しくは屠牛弟子の、刀を以て牛を殺し、分かちて四分と作し、四分と作し已りて、若しくは立ち、若しくは坐り、此の四分を觀るが如し。

菩薩摩訶薩亦た是の如く般若波羅蜜を行ずる時、種種身の四大、地大・水大・火大・風大を觀る。
是の如く須菩提。菩薩摩訶薩
身中に身を循りて觀ず、得る可から不るを以ての故に。
復次須菩提。菩薩摩訶薩觀身。從足至頂周匝薄皮。種種不淨充滿身中。作是念。
身中有髮毛爪齒薄皮厚皮筋肉骨髓脾腎心膽肝肺小腸大腸胃
。屎尿垢汗涕涎唾膿血白淡(月+冊)腦膜。
譬如田夫倉中隔盛雜穀。種種充滿稻麻黍粟豆麥。明眼之人開倉即知。是麻是黍是稻是粟是麥是豆。分別悉知。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩、身、足從り頂に至るまで薄皮を周匝し、種種の不淨身中に充滿するを觀て、是の念を作す。
『身中に髮毛・爪・齒・薄皮・厚皮・筋肉・骨髓・脾・腎・心・膽・肝・肺・小腸・大腸・胃・。屎・尿・垢・汗・涕・涎・唾・膿・血・白淡・肪(月+冊)・腦膜有り』
譬えば田夫の、倉中に隔てて雜穀を盛り、種種に稻・麻・黍・粟・豆・麥を充滿せるを、明眼之人倉を開けば即ち、是れ麻、是れ黍、是れ稻、是れ粟、是れ麥、是れ豆と知り、分別し悉く知るが如し。
菩薩摩訶薩亦如是。觀是身從足至頂周匝薄皮種種不淨充滿身中。髮毛爪齒乃至腦膜。
如是須菩提。菩薩摩訶薩觀
身。懇(懃ならん)精進一心除世間貪憂。以不可得故。
菩薩摩訶薩亦た是の如く、是の身を足從り頂に至るまで薄皮を周匝し、種種の不淨身中に充滿するを、髮毛・爪齒乃至腦膜なりと觀ず。
是の如く須菩提。菩薩摩訶薩
身を觀じ。懃に精進し一心に世間の貪憂を除く。得る可から不るを以ての故に。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館