<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經問乘品第十八(丹本名爲摩訶衍品)

七、ブッダ、百八種の三昧の名の由来を説く(二)

云何名淨燈三昧。
住是三昧於諸三昧中作明如燈。是名淨燈三昧。
云何名無邊明三昧。
住是三昧與諸三昧作無邊明。是名無邊明三昧。
云何名能作明三昧。
住是三昧即時能為諸三昧作明。是名能作明三昧。
何を淨燈三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、諸の三昧の中に於て明を作すこと燈の如し。是れ淨燈三昧と名づく。
何を無邊明三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、諸の三昧與無邊明を作す。是れ無邊明三昧と名づく。
何を能作明三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、即時に能く諸の三昧の為に明を作す。是れ能作明三昧と名づく。
云何名普照明三昧。
住是三昧即能照諸三昧門。是名普照明三昧。
云何名堅淨諸三昧三昧。
住是三昧能堅淨諸三昧相。是名堅淨諸三昧三昧。
云何名無垢明三昧。
住是三昧能除諸三昧垢。亦能照一切三昧。是名無垢明三昧。
何を普照明三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、即ち能く諸の三昧門を照す。是れ普照明三昧と名づく。
何を堅淨諸三昧三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、能く諸の三昧の相を堅淨す。是れ堅淨諸三昧三昧と名づく。

何を無垢明三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、能く諸の三昧垢を除き、亦た能く一切の三昧を照す。是れ無垢明三昧と名づく。
云何名歡喜三昧。
住是三昧能受諸三昧喜。是名歡喜三昧。
云何名電光三昧。
住是三昧照諸三昧如電光。是名電光三昧。
云何名無盡三昧。
住是三昧於諸三昧不見盡。是名無盡三昧。
何を歡喜三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、能く諸の三昧の喜を受く。是れ歡喜三昧と名づく。

何を電光三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、諸の三昧を照すこと電光の如し。是れ電光三昧と名づく。
何を無盡三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、諸の三昧に於て盡くるを見を不。是れ無盡三昧と名づく。
云何名威コ三昧。
住是三昧於諸三昧威コ照然。是名威コ三昧。
云何名離盡三昧。
住是三昧不見諸三昧盡。是名離盡三昧。
云何名不動三昧。
住是三昧令諸三昧不動不戲。是名不動三昧。
何を威コ三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、諸の三昧に於て威コ照然たり。是れ威コ三昧と名づく。
何を離盡三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、諸の三昧の盡くるを見不。是れ離盡三昧と名づく。

何を不動三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、諸の三昧を令て動ぜ不戲れ不。是れ不動三昧と名づく。
云何名不退三昧。
住是三昧能不見諸三昧退。是名不退三昧。
云何名日燈三昧。
住是三昧放光照諸三昧門。是名日燈三昧。
云何名月淨三昧。
住是三昧能除諸三昧闇。是名月淨三昧。
何を不退三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、能く諸の三昧の退くを見不。是れ不退三昧と名づく。

何を日燈三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、光を放ち諸の三昧門を照す。是れ日燈三昧と名づく。

何を月淨三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、能く諸の三昧の闇を除く。是れ月淨三昧と名づく。
云何名淨明三昧。
住是三昧於諸三昧得四無闇
ならん)智。是名淨明三昧。
云何名能作明三昧。
住是三昧於諸三昧門能作明。是名能作明三昧。
云何名作行三昧。
住是三昧能令諸三昧各有所作。是名作行三昧。
何を淨明三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、諸の三昧に於て四無
智を得る。是れ淨明三昧と名づく。
何を能作明三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、諸の三昧門に於て能く明を作す。是れ能作明三昧と名づく。

何を作行三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、能く諸の三昧を令て各作す所有らしむ。是れ作行三昧と名づく。
云何名知相三昧。
住是三昧見諸三昧知相。是名知相三昧。
云何名如金剛三昧。
住是三昧能貫達諸法亦不見達。是名如金剛三昧。
云何名心住三昧。
住是三昧心不動不轉不惱。亦不念有是心。是名心住三昧。
何を知相三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、諸の三昧の知相を見る。是れ知相三昧と名づく。

何を如金剛三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、能く諸の法に貫達し亦た達するを見不。是れ如金剛三昧と名づく。
何を心住三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、心動ぜ不、轉ぜ不、惱ま不。亦た是の心有るを念ぜ不。是れ心住三昧と名づく。
云何名普明三昧。
住是三昧普見諸三昧明。是名普明三昧。
云何名安立三昧。
住是三昧於諸三昧安立不動。是名安立三昧。
云何名寶聚三昧。
住是三昧普見諸三昧如見寶聚。是名寶聚三昧。
何を普明三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、普く諸の三昧の明を見る。是れ普明三昧と名づく。
何を安立三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、諸の三昧に於て安立し動ぜ不。是れ安立三昧と名づく。

何を寶聚三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、普く諸の三昧を見ること寶聚を見る如し。是れ寶聚三昧と名づく。
云何名妙法印三昧。
住是三昧能印諸三昧以無印印故。是名妙法印三昧。
云何名法等三昧。
住是三昧觀諸法等無法不等。是名法等三昧。
云何名斷喜三昧。
住是三昧斷一切法中喜。是名斷喜三昧。
何を妙法印三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、能く諸の三昧に印し無印を以て印する故に。是れ妙法印三昧と名づく。
何を法等三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、諸の法等しく法等しから不る無きを觀ず。是れ法等三昧と名づく。
何を斷喜三昧と名づけると云うや。
是の三昧に住し、一切の法中の喜を斷ず。是れ斷喜三昧と名づく。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館