<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經莊嚴品第十七

五、スブーティ、菩薩摩訶薩の大荘厳は束縛も解脱もないことを説明する

爾時須菩提白佛言。
如我觀佛所
義。世尊。色無縛無。受想行識無縛無
爾時富樓那彌多羅尼子語須菩提。
色是無縛無
。受想行識是無縛無
須菩提言。
如是如是。色是無縛無
。受想行識是無縛無
富樓那問須菩提。
何等色無縛無
。何等受想行識無縛無
爾の時須菩提佛に言を白せり。
「我佛の義を
く所を觀るが如くば、世尊。色縛なく、なし。受・想・行・識縛なく、なし」
爾の時富樓那彌多羅尼子須菩提に語れり。
「色是れ縛なく、
なしや。受・想・行・識是れ縛なく、なしや」
須菩提言わく。
「是の如し、是の如し、。色是れ縛なく、
なし。受・想・行・識是れ縛なく、なし」
富樓那須菩提に問えり。
「何等か色縛なく、
なしや。何等か受・想・行・識縛なく、なしや」
須菩提言。
如夢色無縛無

如夢受想行識無縛無

如嚮
ならん)如影如幻如如化。色受想行識無縛無
富樓那彌多羅尼子。過去色無縛無
。過去受想行識無縛無
未來色無縛無
。未來受想行識無縛無
現在色無縛無
。現在受想行識無縛無
須菩提言わく。
「夢の如く色縛なく、
なし。
夢の如く受・想・行・識縛なく、
なし。
の如く・影の如く・幻の如く・の如く・化の如く、色・受・想・行・識縛なく、なし。
富樓那彌多羅尼子。過去の色縛なく、
なし。過去の受・想・行・識縛なく、なし。
未來の色縛なく、
なし。未來の受・想・行・識縛なく、なし。
現在の色縛なく、
なし。現在の受・想・行・識縛なく、なし。
何以故無縛無
是色無所有故。無縛無
。受想行識無所有故無縛無
離故寂滅故不生故無縛無

富樓那。善色受想行識亦無縛無
。不善色受想行識無縛無
無記色無縛無
無記受想行識無縛無
世間出世間有漏無漏色無縛無
。受想行識亦無縛無
何を以ての故に縛なく、なしと。
是の色有る所無きが故に、縛なく、
なし。受・想・行・識有る所無きが故に縛なく、なし。
離るるが故に、寂滅の故に、生ぜ不るが故に縛なく、
なし。
富樓那。善の色・受・想・行・識亦た縛なく、
なし。不善の色・受・想・行・識縛なく、なし。
無記の色縛なく、
なし。無記の受・想・行・識縛なく、なし。
世間・出世間の、有漏・無漏の色縛なく、
なし。受・想・行・識亦た縛なく、なし。
何以故。
無所有故離故寂滅故不生故無縛無

富樓那。一切法亦無縛無
。無所有故離故寂滅故不生故無縛無
富樓那。檀那波羅蜜無縛無
。尸羅波羅蜜提波羅蜜毘梨耶波羅蜜禪那波羅蜜般若波羅蜜無縛無
無所有故離故寂滅(欠『故』)不生故無縛無
何を以ての故に。
有る所無きが故に、離るるが故に、寂滅せるが故に、生ぜ不るが故に縛なく、
なし。
富樓那。一切法も亦た縛なく、
なし。有る所無きが故に、離るるが故に、寂滅せるが故に、生ぜ不るが故に縛なく、なし。
富樓那。檀那波羅蜜縛なく、
なし。尸羅波羅蜜・提波羅蜜・毘梨耶波羅蜜・禪那波羅蜜・般若波羅蜜縛なく、なし。
有る所無きが故に、離るるが故に、寂滅せるが故に、生ぜ不るが故に縛なく、
なし。
富樓那。空亦無縛無。乃至無法有法空亦無縛無
四念處無縛無
。乃至十八不共法無縛無
無所有故離故寂滅故不生故無縛無

阿耨多羅三藐三菩提無縛無

一切智一切種智無縛無

菩薩無縛無

佛亦無縛無

無所有故離故寂滅故不生故無縛無

富樓那。諸法如法相法性法住法位實際無為法無縛無

無所有故離故寂滅故不生故無縛無
富樓那。空亦た縛なく、なし。乃至無法有法空亦た縛なく、なし。
四念處縛なく、
なし。乃至十八不共法縛なく、なし。
有る所無きが故に、離るるが故に、寂滅せるが故に、生ぜ不るが故に縛なく、
なし。
阿耨多羅三藐三菩提縛なく、
なし。
一切智・一切種智縛なく、
なし。
菩薩縛なく、
なし。
佛亦た縛なく、
なし。
有る所無きが故に、離るるが故に、寂滅せるが故に、生ぜ不るが故に縛なく、
なし。
富樓那。諸の法の如・法相・法性・法住・法位・實際・無為法縛なく、
なし。
有る所無きが故に、離るるが故に、寂滅せるが故に、生ぜ不るが故に縛なく、
なし。
富樓那。是名菩薩摩訶薩無縛無檀那波羅蜜。
乃至般若波羅蜜四念處。乃至一切種智。無縛無

是菩薩摩訶薩住無縛無
檀那波羅蜜中。
乃至住無縛無
般若波羅蜜。住無縛無四念處。
乃至住無縛無
一切種智。
無縛無
成就生。
無縛無
淨佛國土。
無縛無
諸佛當供養。
無縛無
當聽法。
無縛無
諸佛終不離。
無縛無
諸神通終不離。
無縛無
五眼終不離。
無縛無
陀羅尼門終不離。
無縛無
諸三昧門終不離。
無縛無
當生道種智。
無縛無
當得一切種智。
無縛無
法輪轉。
無縛無
脫眾生安立三乘。
富樓那。是れ菩薩摩訶薩縛なく、なき檀那波羅蜜と名づく。
乃至般若波羅蜜、四念處。乃至一切種智。縛なく、
なし。
是れ菩薩摩訶薩縛なく、
なき檀那波羅蜜中に住す。
乃至縛なく、
なき般若波羅蜜に住す。縛なく、なき四念處に住す。
乃至縛なく、
なき一切種智に住す。
縛なく、
なく生を成就す。
縛なく、
なく佛の國土を淨める。
縛なく、
なく諸の佛を當に供養すべし。
縛なく、
なく當に法を聽くべし。
縛なく、
なく諸の佛を終に離れ不。
縛なく、
なく諸の神通を終に離れ不。
縛なく、
なく五眼を終に離れ不。
縛なく、
なく陀羅尼門を終に離れ不。
縛なく、
なく諸の三昧門を終に離れ不。
縛なく、
なく當に道種智を生ずべし。
縛なく、
なく當に一切種智を得べし。
縛なく、
なく法輪を轉ず。
縛なく、
なく生を三乘に安立す。
如是富樓那。菩薩摩訶薩行無縛無六波羅蜜。
當知一切法無縛無

無所有故離故寂滅故不生故。
富樓那。是名菩薩摩訶薩無縛無
大莊嚴
是の如く富樓那。菩薩摩訶薩縛なく、なき六波羅蜜を行ず。
當に知るべし一切法縛なく、
なし。
有る所無きが故に、離るるが故に、寂滅せるが故に、生ぜ不るが故に。
富樓那。是れ菩薩摩訶薩縛なく、
なき大莊嚴と名づく」

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館