<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經卷第五

後秦龜茲國三藏鳩摩羅什譯

莊嚴品第十七

一、ブッダ、菩薩摩訶薩は何を大荘厳するかを詳説する

爾時須菩提白佛言。
世尊。菩薩摩訶薩大莊嚴。何等是大莊嚴。何等菩薩能大莊嚴。
佛語須菩提。
菩薩摩訶薩摩訶衍大莊嚴。所謂檀那波羅蜜乃至般若波羅蜜莊嚴。
四念處莊嚴。
乃至八聖道分
空莊嚴。
乃至無法有法空。十力乃至十八不共法及一切種智莊嚴。
變身如佛莊嚴。
光明遍照三千大千國土。
亦照東方如恒河沙等國土。
南西北方四維上下亦復如是。
三千大千國土六種震動。
亦動東方如恒河沙等諸國土。
南西北方四維上下亦復如是。
爾の時須菩提佛に言を白せり。
「世尊。菩薩摩訶薩の大莊嚴。何等か是れ大莊嚴なる。何等をか菩薩能く大莊嚴するや」
佛須菩提に語れり。
「菩薩摩訶薩摩訶衍を大莊嚴す。謂う所の檀那波羅蜜乃至般若波羅蜜を莊嚴し、
四念處を莊嚴し、
乃至八聖道分
空を莊嚴し、
乃至無法有法空、十力乃至十八不共法及び一切種智を莊嚴す。
變身すること佛の莊嚴する如く。
光明三千大千國土を遍く照らし、
亦た東方如恒河沙等の國土を照らし、
南西北方・四維・上下も亦た復た是の如し。
三千大千國土六種に震動し、
亦た東方如恒河沙等の諸の國土を動かし、
南西北方・四維・上下も亦た復た是の如し。
是菩薩摩訶薩住檀那波羅蜜摩訶衍大莊嚴。
是三千大千國土變為琉璃。化作轉輪聖王。
須食與食須飲與飲。
衣服臥具花香瓔珞搗香澤香房舍燈燭醫藥。種種所須盡給與之。
與已而為
法。所謂應六波羅蜜。
生聞是法者終不離六波羅蜜。乃至阿耨多羅三藐三菩提。
如是須菩提。
SAT版無『。』)是名菩薩摩訶薩摩訶衍大莊嚴。
須菩提。譬如工幻師若幻師弟子。於四衢道中化作大

於前須食與食須飲與飲。乃至種種所須盡給與之。
於須菩提意云何。
是幻師實有
生有所與不。
須菩提言。
不也世尊。
須菩提。菩薩摩訶薩亦如是。化作轉輪聖王。種種具足須食與食須飲與飲。
乃至種種所須盡給與之。雖有所施實無所與。
何以故。
須菩提諸法相如幻故。
是の菩薩摩訶薩檀那波羅蜜に住し、摩訶衍を大莊嚴し、
是の三千大千國土を變じて琉璃と為し、化して轉輪聖王を作り、
食を須めれば食を與え、飲を須めれば飲を與え、
衣服・臥具・花香・瓔珞・搗香・澤香・房舍・燈燭・醫藥、種種須める所盡く之を給與し、
與え已り而為に法を
く。謂う所の六波羅蜜に應ず。
生是の法を聞く者、終に六波羅蜜、乃至阿耨多羅三藐三菩提を離れ不。
是の如く須菩提。是れ菩薩摩訶薩の摩訶衍の大莊嚴と名づく。
須菩提。譬えば工なる幻師若しくは幻師の弟子、四衢道中に於て化して大
を作り、
前に於て食を須めれば食を與え、飲を須めれば飲を與え、乃至種種須める所盡く之を給與するが如し。
須菩提の意に於て何う云うや。
是の幻師實に
生有りて與うる所有りや不や」
須菩提言わく。
「不也、世尊」
「須菩提。菩薩摩訶薩亦た是の如く、化して轉輪聖王を作り、種種を具足して食を須めれば食を與え、飲を須めれば飲を與え、
乃至種種須める所盡く之を給與するも、施す所有りと雖も、實に與うる所無し。
何を以ての故に。
須菩提、諸法相は幻の如きが故に。
復次須菩提。菩薩摩訶薩住尸羅波羅蜜。現生轉輪聖王家。
以十善道教化
生。有以四禪四無量心四無色定四念處。乃至十八不共法教化生。
生聞是法者。至阿耨多羅三藐三菩提終不離是法。
譬如幻師若幻師弟子。於四衢道中化作大

以十善道教化令行。又以四禪四無量心四無色定四念處。乃至十八不共法教化令行。
須菩提於汝意云何。
是幻師實有
生教令行十善道。乃至行十八不共法不。
須菩提言。
不也世尊。
須菩提。菩薩摩訶薩亦如是。
以十善道教化
生令行乃至十八不共法實無生行十善道乃至十八不共法。
何以故。
諸法相如幻故。
須菩提。是名菩薩摩訶薩大莊嚴。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩尸羅波羅蜜に住し、現に轉輪聖王の家に生じ、
十善道を以て
生を教化し、四禪・四無量心・四無色定・四念處。乃至十八不共法を以て生を教化する有り。
生是の法を聞く者は、阿耨多羅三藐三菩提に至り、終に是の法を離れ不。
譬えば幻師若しくは幻師の弟子、四衢道中に於て化して大
を作り、
十善道を以て教化して行ぜ令め、又四禪・四無量心・四無色定・四念處。乃至十八不共法を以て教化行ぜ令むが如し。
須菩提、汝の意に於いて何う云うや。
是の幻師實に
生有りて教えて十善道を行じ令め、乃至十八不共法を行ぜ令むや不や」
須菩提言わく。
「不也、世尊」
「須菩提。菩薩摩訶薩亦た是の如く、
十善道を以て
生を教化して行なわ令め、乃至十八不共法〈を行なわ令むるも〉、實に生十善道乃至十八不共法を行うこと無し。
何を以ての故に。
諸法相幻の如きが故に。
須菩提。是れ菩薩摩訶薩の大莊嚴と名づく。
復次須菩提。菩薩摩訶薩住提波羅蜜。教化生令行提波羅蜜。
須菩提。云何菩薩摩訶薩住
提波羅蜜。教化生令行提波羅蜜。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩提波羅蜜に住し、生を教化し提波羅蜜を行なわ令む。
須菩提。何う云うや菩薩摩訶薩
提波羅蜜に住し、生を教化し提波羅蜜を行なわ令むるとは。
須菩提。菩薩摩訶薩從初發心已來如是大莊嚴。
若一切
生罵詈刀杖傷害。菩薩摩訶薩於此中不起一念。亦教一切生行此忍辱。
譬若幻師若幻師弟子。於四衢道中化作大
。令行忍辱餘如上
須菩提。是名菩薩摩訶薩大莊嚴。
須菩提。菩薩摩訶薩初發心從り已來是の如く大莊嚴す。
若し一切の
生罵詈し、刀杖傷害させども、菩薩摩訶薩此の中に於て一念を起こさ不、亦た一切生に此の忍辱を行ずるを教えん。
譬えば幻師若しくは幻師の弟子、四衢道中に於て化して大
を作り、忍辱を行なわ令む。餘は上にくが如し。
須菩提。是れ菩薩摩訶薩の大莊嚴と名づく。
復次須菩提。菩薩摩訶薩住毘梨耶波羅蜜。教一切生令行毘梨耶波羅蜜。
須菩提。云何菩薩摩訶薩住毘梨耶波羅蜜。教一切
生令行毘梨耶波羅蜜。
須菩提。菩薩摩訶薩應薩婆若心。身心精進教化
生。
譬如幻師若幻師弟子。於四衢道中化作大
。教令行身心精進餘如上
是名菩薩摩訶薩大莊嚴。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩毘梨耶波羅蜜に住し、一切の生に教えて毘梨耶波羅蜜を行なわ令む。
須菩提。何う云うや菩薩摩訶薩毘梨耶波羅蜜に住し、一切の
生に教えて毘梨耶波羅蜜を行なわ令むるとは。
須菩提。菩薩摩訶薩薩婆若に應ずる心、身心の精進は
生を教化す。
譬えば幻師若しくは幻師の弟子、四衢道中に於て化して大
を作り、教えて身心精進を行なわ令む。餘は上にくが如し。
是れ菩薩摩訶薩の大莊嚴と名づく。
復次須菩提。菩薩摩訶薩住禪那波羅蜜。教一切生令行禪那波羅蜜。
須菩提。云何菩薩摩訶薩住禪那波羅蜜。教一切
生令行禪那波羅蜜。
須菩提。菩薩摩訶薩住諸法等中。不見法若亂若定。
如是須菩提。菩薩摩訶薩住禪那波羅蜜。教一切
生令行禪那波羅蜜。乃至阿耨多羅三藐三菩提。終不離禪那波羅蜜。
譬如工幻師若幻師弟子。於四衢道中化作大
。教令行禪那波羅蜜餘如上
須菩提是名菩薩摩訶薩大莊嚴。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩禪那波羅蜜に住し、一切の生に教えて禪那波羅蜜を行なわ令む。
須菩提。何う云うや菩薩摩訶薩禪那波羅蜜に住し、一切の
生に教えて禪那波羅蜜を行なわ令むるとは。
須菩提。菩薩摩訶薩諸法等の中に住し、法の若しは亂れ若しは定まるを見不。
是の如く須菩提。菩薩摩訶薩禪那波羅蜜に住し、一切の
生に教えて禪那波羅蜜を行なわ令め、乃至阿耨多羅三藐三菩提〈を行なわ令めて〉、終に禪那波羅蜜を離れ不。
譬えば工なる幻師若しくは幻師の弟子、四衢道中に於て化して大
を作り、教えて禪那波羅蜜を行なわ令む。餘は上にくが如し。
須菩提、是れ菩薩摩訶薩の大莊嚴と名づく。
復次須菩提。菩薩摩訶薩住般若波羅蜜。教一切生令行般若波羅蜜。
須菩提。云何菩薩摩訶薩住般若波羅蜜教一切
生令行般若波羅蜜。
須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。無有法得此岸彼岸。
如是菩薩摩訶薩住般若波羅蜜中。教一切
生令行般若波羅蜜。
譬如工幻師若幻師弟子。於四衢道中化作大
。教令行般若波羅蜜。
須菩提。是名菩薩摩訶薩大莊嚴。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩般若波羅蜜に住し、一切の生に教えて般若波羅蜜を行なわ令む。
須菩提。何う云うや菩薩摩訶薩般若波羅蜜に住し、一切の
生に教えて般若波羅蜜を行なわ令むるとは。
須菩提。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じし時、法の此岸・彼岸を得ること有る無し。
是の如く菩薩摩訶薩般若波羅蜜の中に住し、一切の
生に教えて般若波羅蜜を行なわ令む。
譬えば工なる幻師若しくは幻師の弟子、四衢道中に於て化して大
を作り、教えて般若波羅蜜を行なわ令む。
須菩提。是れ菩薩摩訶薩の大莊嚴と名づく。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館