<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經乘乘品第十六

プールナマイトラーヤニープトラ、菩薩摩訶薩が大乗に乗るとはどういうことかを説く

爾時慧命舍利弗問富樓那
云何名菩薩摩訶薩乘於大乘。
富樓那答舍利弗言。
菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時乘檀那波羅蜜。
亦不得檀(『那』欠字ならん)
波羅蜜。
亦不得菩薩
亦不得受者。
是法用無所得故。
是名菩薩摩訶薩乘檀那波羅蜜。

爾の時慧命舍利弗富樓那に問えり。
「何を名づけて菩薩摩訶薩大乘に於いて乘ると云うや」
富樓那舍利弗に言を答えり。
「菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じし時、檀那波羅蜜に乘りて、
亦た檀那波羅蜜を得不。
亦た菩薩を得不
亦た受者を得不。
是の法得る所無きを用ての故に。
是れを菩薩摩訶薩檀那波羅蜜に乘ると名づく。
菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。
乘尸羅波羅蜜
提波羅蜜毘梨耶波羅蜜禪那波羅蜜。
乘般若波羅蜜
亦不得般若波羅蜜。
亦不得菩薩。
是法用無所得故。
是為菩薩摩訶薩乘於般若波羅蜜。
如是舍利弗。是為菩薩摩訶薩乘於大乘。
菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じし時、
尸羅波羅蜜・
提波羅蜜・毘梨耶波羅蜜・禪那波羅蜜に乘り、
般若波羅蜜に乘りて、
亦た般若波羅蜜を得不。
亦た菩薩を得不。
是の法得る所無きを用ての故に。
是れ菩薩摩訶薩般若波羅蜜に於いて乘ると為す。
是の如く舍利弗。是れ菩薩摩訶薩大乘に於いて乘ると為す。
復次舍利弗。菩薩摩訶薩摩訶衍一心應薩婆若。修四念處法法(法字重複)壞故。
乃至一心應薩婆若。修十八不共法法壞故
SAT版『。』有)
是亦不可得。
如是舍利弗。是名菩薩摩訶薩乘於大乘。
復次舍利弗。菩薩摩訶薩作是念。
菩薩但有名字。
生不可得故。
是名菩薩摩訶薩乘於大乘。
復た次に舍利弗。菩薩摩訶薩摩訶衍の一心薩婆若に應じ、四念處を修す、法壞するが故に。
乃至一心薩婆若に應じ。十八不共法を修す、法壞するが故に。
是亦た得る可から不。
是の如く舍利弗。是れを菩薩摩訶薩大乘に於いて乘ると名づく。
復た次に舍利弗。菩薩摩訶薩是の念を作す。
『菩薩但だ名字有り。
生得る可から不るが故に』
是れを菩薩摩訶薩大乘に於いて乘ると名づく。
復次舍利弗。若菩薩摩訶薩作是念。
色但有名字色不可得故。
受想行識但有名字。識不可得故。
眼但有名字眼不可得故。乃至意亦如是。
四念處但有名字。四念處不可得故。
乃至八聖道分但有名字。八聖道分不可得故。
空但有名字。空不可得故。
乃至無法有法空但有名字。無法有法空不可得故。
乃至十八不共法但有名字。十八不共法不可得故。
諸法如但有名字。如不可得故。
法相法性法位實際但有名字。實際不可得故。
阿耨多羅三藐三菩提及佛但有名字。佛不可得故。
如是舍利弗。是名菩薩摩訶薩乘於大乘。
復た次に舍利弗。若しは菩薩摩訶薩是の念を作す。
『色但だ名字有り、色得る可から不るが故に。
受・想・行・識但だ名字有り、識得る可から不るが故に。
眼但だ名字有り、眼得る可から不るが故に。
乃至意亦た是の如し。
四念處但だ名字有り、四念處得る可から不るが故に。
乃至八聖道分但だ名字有り、八聖道分得る可から不るが故に。
空但だ名字有り、空得る可から不るが故に。
乃至無法有法空但だ名字有り、無法有法空得る可から不るが故に。
乃至十八不共法但だ名字有り、十八不共法得る可から不るが故に。
諸法如但だ名字有り、如得る可から不るが故に。
法相・法性・法位・實際但だ名字有り、實際得る可から不るが故に。
阿耨多羅三藐三菩提及び佛但だ名字有り、佛得る可から不るが故に』
是の如く舍利弗。是れを菩薩摩訶薩大乘に於いて乘ると名づく。

復次舍利弗。若菩薩摩訶薩從初發意以(已ならん)來。具足菩薩神通成就生。
從一佛國至一佛國。恭敬供養尊重讚歎諸佛。
從諸佛聽受法教。所謂菩薩大乘。
是菩薩乘是大乘。
從一佛國至一佛國。淨佛國土成就
生。
初無佛國想亦無
生想。
此人住不二法中。為
生受身隨其所應。自變其形而教化之。
乃至一切智終不離菩薩乘。
是名菩薩乘是乘。得一切種智已轉法輪。聲聞辟支佛及天龍鬼神阿修羅世間人民所不能轉。
爾時十方如恒河沙等諸佛。皆歡喜稱名讚歎作是言。
某方某國某菩薩摩訶薩。乘於大乘得一切種智轉法輪。
舍利弗。是名菩薩摩訶薩乘於大乘

摩訶般若波羅蜜經卷第四

復た次に舍利弗。若しは菩薩摩訶薩初發意從り已來、菩薩の神通を具足し生を成就す。
一佛國從り一佛國に至り、諸の佛を恭敬・供養・尊重・讚歎す。
諸の佛從り法教を聽受す。謂う所の菩薩の大乘なり。
是の菩薩是の大乘に乘り、
一佛國從り一佛國に至り、佛の國土を淨め
生を成就す。
初め佛國の想無く、亦た
生の想無し。
此の人不二の法の中に住し、
生の為に身を受け其の所に隨い應じて、自ら其の形を變え而之を教化す。
乃至一切智まで終に菩薩の乘を離れ不。
是れを菩薩乘と名づく。是の乘、一切種智を得已りて法輪を轉じ、聲聞・辟支佛及び天龍・鬼神・阿修羅・世間人民の轉ずる能わ不る所なり。
爾の時十方の恒河沙の如き等の諸の佛、皆な歡喜・稱名・讚歎し、是の言を作せり。
『某の方、某の國、某の菩薩摩訶薩、大乘に於いて乘り、一切種智を得て法輪を轉ず』
舍利弗。是れを菩薩摩訶薩大乘に於いて乘ると名づく」

摩訶般若波羅蜜經卷第四

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館