<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經辯才品第十五(丹本名為富樓那品)

八、プールナマイトラーヤニープトラ、菩薩摩訶薩が大乗に発趣して諸禅に入ることを説く

慧命舍利弗問富樓那彌多羅尼子。
云何菩薩摩訶薩發趣大乘。
慧命舍利弗、富樓那彌多羅尼子に問えり。
「何に菩薩摩訶薩大乘に發趣すと云うや」
富樓那語舍利弗。
菩薩摩訶薩行六波羅蜜時。
離諸欲離諸惡不善法有覺有觀。
離生喜樂入初禪。乃至入第四禪中。
以慈廣大無二無量。無怨恨無惱心行。遍滿一方二三四方四維上下。遍一切世間。
悲喜捨心亦如是。
是菩薩入禪時起時。諸禪無量心及支共一切
生迴向薩婆若。
是名菩薩摩訶薩禪那波羅蜜發趣大乘。
富樓那舍利弗に語れり。
「菩薩摩訶薩六波羅蜜を行ずる時、
諸の欲を離れ諸の惡不善法を離れ、有覺・有觀にして、
生・喜・樂を離れ初禪に入り、乃至第四禪中に入る。
慈は廣大・無二・無量なるを以て、怨恨無く・惱無く、心の行は一方・二三四方・四維・上下に遍く滿ちて、一切の世間に遍し。
悲・喜・捨の心も亦た是の如し。
是の菩薩禪に入る時、起つ時、諸の禪の無量心及び支を、一切
生と共に薩婆若に迴向す。
是れ菩薩摩訶薩禪那波羅蜜にて大乘に發趣すと名づく。
是菩薩摩訶薩住禪無量心作是念。
我當得一切種智。為斷一切
生煩惱故當法。
是名菩薩摩訶薩行禪那波羅蜜時檀那波羅蜜。
是の菩薩摩訶薩禪の無量心に住し、是の念を作す。
『我れ當に一切種智を得て、一切の
生の煩惱を斷つ為の故に當に法をくべし』
是れ菩薩摩訶薩禅那波羅蜜を行ずる時の檀那波羅蜜と名づく。
若菩薩摩訶薩應薩婆若心。修初禪住初禪。二三四禪亦如是不受餘心。所謂聲聞辟支佛心。
是名菩薩摩訶薩行禪那波羅蜜時尸羅波羅蜜。
若し菩薩摩訶薩薩婆若に應ずる心にて、初禪を修し初禪に住し、二・三・四禪も亦た是の如し。
餘心、謂う所の聲聞・辟支佛の心を受け不。
是れ菩薩摩訶薩禅那波羅蜜を行ずる時の尸羅波羅蜜と名づく。
若菩薩摩訶薩。應薩婆若心入諸禪作是念。
我為斷一切
生煩惱故當法。是諸心欲樂忍。
是名菩薩摩訶薩行禪那波羅蜜時
提波羅蜜。
若し菩薩摩訶薩、薩婆若に應ずる心にて諸禪に入り、是の念を作す、
『我れ一切の
生の煩惱を斷つ為の故に當に法をくべし。是の諸の心を欲し、樂い、忍ぶ』
是れ菩薩摩訶薩禅那波羅蜜を行ずる時の
提波羅蜜と名づく。
若菩薩摩訶薩應薩婆若心入諸禪。諸善根皆迴向薩婆若懃修不息。
是名菩薩摩訶薩行禪那波羅蜜時毘梨耶波羅蜜。
若し菩薩摩訶薩薩婆若に應ずる心にて諸の禪に入り、諸の善根を皆な薩婆若に迴向し、懃修して息ま不。
是れ菩薩摩訶薩禅那波羅蜜を行ずる時の毘梨耶波羅蜜と名づく。
若菩薩摩訶薩應薩婆若心入四禪及支。
觀無常相苦相無我相空相無相相無作相。
共一切
生迴向薩婆若。
是名菩薩摩訶薩行禪那波羅蜜時般若波羅蜜。
舍利弗是名菩薩摩訶薩發趣大乘。
若し菩薩摩訶薩薩婆若に應ずる心にて四禪び及支に入り、
無常相・苦相・無我相・空相・無相相・無作相を觀じ、
一切
生と共に薩婆若に迴向す。
是れ菩薩摩訶薩禅那波羅蜜を行ずる時の般若波羅蜜と名づく。
舍利弗、是れ菩薩摩訶薩大乘に發趣すと名づく。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館