<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經辯才品第十五(丹本名為富樓那品)

七、プールナマイトラーヤニープトラ、般若波羅蜜を行じるときの大誓荘厳を説く

復次舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。應薩婆若心。布施外所有無所愛惜。不見與者受者及以財物。
是名菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時檀那波羅蜜。
復次舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。應薩婆若心持戒破戒二事不見故。
是名菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時尸羅波羅蜜。
復次舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。應薩婆若心不見呵者罵者打者殺者亦不見用是空能忍辱。
是名菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時
提波羅蜜。
復次舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。應薩婆若心觀諸法畢竟空。以大悲心故行諸善法。
是名菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時毘梨耶波羅蜜。
復次舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。應薩婆若心入禪定。觀諸禪離相空相無相相無作相。
是名菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時禪那波羅蜜。
如是舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時攝諸波羅蜜。
復た次に舍利弗。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時、薩婆若に應ずる心にて布施し、外の有る所に愛惜する所無く、與者、受者及び財物を以てを見不。
是れ菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時の檀那波羅蜜と名づく。
復た次に舍利弗。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時、薩婆若に應ずる心にて持戒・破戒の二事を見不る故に、
是れ菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時の尸羅波羅蜜と名づく。
復た次に舍利弗。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時、薩婆若に應ずる心にて呵者・罵者・打者・殺者を見不、亦た是の空を用て能く忍辱するを見不。
是れ菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時の
提波羅蜜と名づく。
復た次に舍利弗。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時、薩婆若に應ずる心にて諸法の畢竟空を觀じ、大悲心を以ての故に諸の善法を行ずる。
是れ菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時の毘梨耶波羅蜜と名づく。
復た次に舍利弗。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時、薩婆若に應ずる心にて禪定に入り、諸の禪の離相・空相・無相相・無作相を觀ずる。
是れ菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時の禪那波羅蜜と名づく。
是の如く舍利弗。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時、諸の波羅蜜を攝す。
舍利弗。如是名為菩薩摩訶薩大誓莊嚴。
是大誓莊嚴菩薩。十方諸佛歡喜。於大
中稱名讚歎。
某國土某菩薩摩訶薩大誓莊嚴。成就
生淨佛國土。
舍利弗。是の如く名づけて菩薩摩訶薩の大誓莊嚴と為す。
是の大誓莊嚴する菩薩は、十方の諸佛歡喜し、大
眾の中に於て稱名し讚歎す、
『某國土の、某菩薩摩訶薩大誓莊嚴し、
生を成就し、佛國土を淨むる』と」

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館