<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經品第十四(丹本作斷見品)

一、シャーリプトラ、摩訶薩と名づける理由を説明する

爾時慧命舍利弗白佛言。
世尊。我亦欲
所以為摩訶薩。
佛告舍利弗。
便

舍利弗言。
爾の時慧命舍利弗佛に言を白せり。
「世尊。我れも亦た摩訶薩と為すを以ての所を
かんと欲す」
佛舍利弗に告げさとせり。
「便ち
け」
舍利弗言わく。
我見生見壽見命見。生見養育見。數見人見。
作見使作見。起見使起見。受見使受見。
知者見見者見。斷見常見。有見無見。
「我見・生見・壽見・命見、生見・養育見、數見・人見、
作見・使作見、起見・使起見、受見・使受見、
知者見・見者見、斷見・常見、有見・無見、
蔭見入見界見。諦見因見。
四念處見乃至十八不共法見。佛道見成就
生見。
淨佛國土見。佛見轉法輪見。
為斷如是諸見故而為
法。是多(名ならん)摩訶薩。
蔭見・入見・界見、諦見・因見、
四念處見乃至十八不共法見、佛道見・成就
生見、
淨佛國土見、佛見・轉法輪見、
是の如き諸見を斷ずる為の故に、而も為に法を
く、是れ摩訶薩と名づくる」
須菩提語舍利弗言。
何因
故。色見是妄見。
何因
故。受想行識乃至轉法輪見。是名妄見。
須菩提舍利弗に言を語れり。
「何の因
の故に、色見は是れ妄見なりと、
何の因
の故に、受・想・行・識乃至轉法輪見は是れ妄見なりと名づくるや」
舍利弗語須菩提。
菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。
無方便故得色生見。用有所得故。
舍利弗須菩提に語れり。
「菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時、
方便無きが故に色生の見を得る、用て得る所有るが故に。
得受想行識乃至轉法輪生見。用有所得故。
是中菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。
以方便力斷諸見網故而為
法。用無所得故。
受・想・行・識乃至轉法輪生の見を得る、得る所有るを用ての故に。
是の中の菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じ、
方便力を以て諸見の網を斷ずるが故に、而も為に法を
く、得る所無きを用ての故に」

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館