<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經句義品第十二

二、ブッダ、一切は空である中でまさに学び、知るべしと説く

須菩提白佛言。
何法不生不滅故無處所。何法不作不出不得不垢不淨故無處所。
佛告須菩提。
色不生不滅故無處所。受想行識不生不滅故無處所。乃至不垢不淨亦如是。
入界不生不滅故無處所。乃至不垢不淨亦如是。
四念處不生不滅故無處所。乃至不垢不淨亦如是。
乃至十八不共法不生不滅故無處所。乃至不垢不淨亦如是。
須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。菩薩句義無所有
SAT版『。』有)亦如是。
須菩提佛に言を白せり。
「何の法か不生・不滅の故に處所無きや。何の法か不作・不出・不得・不垢・不淨の故に處所無きや」
佛須菩提に告げさとせり。
「色は不生・不滅の故に處所無く、受・想・行・識は不生・不滅の故に處所無く、乃至不垢・不淨も亦た是の如し。
入界は不生・不滅の故に處所無く、乃至不垢・不淨も亦た是の如し。
四念處は不生・不滅の故に處所無く、乃至不垢・不淨も亦た是の如し。
乃至十八不共法は不生・不滅の故に處所無く、乃至不垢・不淨も亦た是の如し。
須菩提。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じし時、菩薩の句義有る所無きも亦た是の如し。
須菩提。如四念處淨義。畢竟不可得。
須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。菩薩句義無所有亦如是。
須菩提。如四正懃乃至十八不共法淨義。畢竟不可得。
菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。菩薩句義無所有亦如是。
須菩提。如淨中我不可得。我無所有故。乃至淨中知者見者不可得。知見無所有故。
須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。菩薩句義無所有亦如是。
須菩提。四念處の淨義は畢竟得る可が故に不るが如く、
須菩提、菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じし時、菩薩の句義有る所無きも亦た是の如し。
須菩提。四正懃乃至十八不共法の淨義は畢竟得る可が故に不るが如く、
菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じし時、菩薩の句義有る所無きも亦た是の如し。
須菩提。淨の中の我得る可が故に不るが如く、我有る所無きが故に、乃至淨の中の知者・見者得る可が故に不。知・見有る所無きが故に、
須菩提、菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じし時、菩薩の句義有る所無きも亦た是の如し。
須菩提。譬如日出時無有K闇。
菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。菩薩句義無所有亦如是。
須菩提。譬如劫燒時無一切物。
菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。菩薩句義無所有亦如是。
須菩提。譬えば日出ずる時K闇有ること無きが如く、
菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じし時、菩薩の句義有る所無きも亦た是の如し。
須菩提。譬えば劫燒くる時一切の物無きが如く、
菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じし時、菩薩の句義有る所無きも亦た是の如し。
須菩提。佛戒中無破戒。須菩提。
菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。菩薩句義無所有亦如是。
須菩提。如佛定中無亂心。
佛慧中無愚癡。
佛解
中無不解
佛解
知見中無不解知見。
須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。菩薩句義無所有亦如是。
須菩提。佛戒の中に破戒無し。
須菩提、菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じし時、菩薩の句義有る所無きも亦た是の如し。
須菩提。佛の定中に亂心無く、
佛の慧中に愚癡無く、
佛の解
中に不解無く、
佛の解
知見中に不解知見無きが如く、
須菩提、菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じし時、菩薩の句義有る所無きも亦た是の如し。
須菩提。譬如佛光中日月光不現。佛光中四(『天』欠字ならん)王天三十三天夜摩天兜率陀天化樂天他化自在天梵天。乃至阿迦貳(尼ならん)天光不現。
須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。菩薩句義無所有亦如是。
何以故。
是阿耨多羅三藐三菩提菩薩。菩薩句義是一切法皆不合不散。無色無形無對一相。所謂無相。
如是須菩提。菩薩摩訶薩一切法無
相中。應當學亦應當知。
須菩提。譬えば佛の光中に日月の光現れ不、佛の光中に四王天・三十三天・夜摩天・兜率陀天・化樂天・他化自在天・梵天、乃至阿迦尼天の光現れ不るが如く、
須菩提、菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じし時、菩薩の句義有る所無きも亦た是の如し。
何を以ての故に。
是の阿耨多羅三藐三菩提、菩薩、菩薩の句義は是の一切法は皆な合せ不散ぜ不、色無く、形無く、對無く、一相、謂う所の相無きなり。
是の如く須菩提。菩薩摩訶薩、一切法、無
の相中に、應じて當に學ぶべく亦た應じて當に知るべし」

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館