<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經幻學品第十一(丹本云幻人品)

七、ブッダ、菩薩摩訶薩の悪知識の所業について説く

須菩提。菩薩摩訶薩復有惡知識。不魔事不魔罪不作是言。 須菩提。菩薩摩訶薩に復た惡知識有り。魔事なりとか不、魔罪なりとか不、是の言を作さ不。
惡魔作佛形像來。教菩薩離六波羅蜜。語菩薩言。
善男子。用修般若波羅蜜為。
用修禪那波羅蜜毘梨耶波羅蜜
提波羅蜜尸羅波羅蜜檀那波羅蜜為。
當知是菩薩摩訶薩惡知識。
惡魔佛の形像を作し來り、菩薩に六波羅蜜を離るるを教え、菩薩に言を語る、
『善男子。般若波羅蜜を修するを用て為し、
禅那波羅蜜・毘梨耶波羅蜜・
提波羅蜜・尸羅波羅蜜・檀那波羅蜜為を修するを用て為すや』
當に知るべし是れ菩薩摩訶薩の悪知識なり。
復次須菩提。惡魔復作佛形像到菩薩所。為聲聞經。若修路乃至憂波提舍。
教詔分別演
如是經。不為魔事魔罪。
當知是菩薩摩訶薩惡知識。
復た次に須菩提。惡魔復た佛の形像を作し菩薩の所に到り、聲聞經、若しくは修路乃至憂波提舍をくを為し、
是の如き經を教詔・分別・演
するは、魔事・魔罪なりとくを為さ不。
當に知るべし是れ菩薩摩訶薩の悪知識なり。
復次須菩提。惡魔作佛形像到菩薩所作是語。
善男子。汝無真菩薩心。亦非阿惟越致地。
汝亦不能得阿耨多羅三藐三菩提。
不為
如是魔事魔罪。
當知是菩薩惡知識。

復た次に須菩提。惡魔佛の形像を作し菩薩の所に到り、是の語を作す、
『善男子。汝真の菩薩心無く、亦た阿惟越致地に非ず。
汝亦た阿耨多羅三藐三菩提を得ること能わ不』

是の如きは魔事・魔罪なりとくを為さ不。
當に知るべし是れ菩薩の悪知識なり。

復次須菩提。惡魔作佛形像到菩薩所語菩薩言。
善男子。色空無我無我所受想行識空無我無我所。
眼空無我無我所。乃至意觸因
生受空無我無我所。
檀那波羅蜜空乃至般若波羅蜜空。
四念處空。乃至十八不共法空。
汝用阿耨多羅三藐三菩提為。
如是魔事魔罪不
不教。
當知是菩薩惡知識。
復た次に須菩提。惡魔佛の形像を作し菩薩の所に到り、菩薩に言を語る、
『善男子。色は空にして我無く、我所無く、受・想・行・識は空にして我無く、我所無し。
眼は空にして我無く、我所無く、乃至意觸因
生の受は空にして我無く、我所無し。
檀那波羅蜜空乃至般若波羅蜜は空、
四念處は空。乃至十八不共法は空なり。
汝阿耨多羅三藐三菩提を用て為すや』
是の如きは魔事・魔罪なりとか不、教え不。
當に知るべし是れ菩薩の悪知識なり。
復次須菩提。惡魔作辟支佛身到菩薩所語菩薩言。
善男子。十方皆空是中無佛無菩薩無聲聞。
如是魔事魔罪不
不教。
當知是菩薩摩訶薩惡知識。
復た次に須菩提。惡魔辟支佛の身を作し菩薩の所に到り、菩薩に言を語る、
『善男子。十方は皆な空にして、是の中に佛無く、菩薩無く、聲聞無し』
是の如きは魔事・魔罪なりとか不、教え不。
當に知るべし是れ菩薩摩訶薩の悪知識なり。
復次須菩提。惡魔作和上阿闍梨身來到菩薩所。
教離菩薩道。
教離一切種智。
教離四念處乃至八聖道分。
教離檀那波羅蜜。
乃至教離十八不共法。
教入空無相無作。作是言。
善男子。汝修念是諸法得聲聞證。用阿耨多羅三藐三菩提為。
如是魔事魔罪不
不教。
當知是菩薩惡知識。
復た次に須菩提。惡魔和上阿闍梨の身を作し菩薩の所に來り到り、
菩薩道を離るるを教え、
一切種智を離るるを教え、
四念處乃至八聖道分を離るるを教え、
檀那波羅蜜を離るるを教え、
乃至十八不共法を離るるを教え、
空・無相・無作に入るを教え、是の言を作す、
『善男子。汝是の諸法を修念し、聲聞の證を得よ。阿耨多羅三藐三菩提を用て為すや』
是の如きは魔事・魔罪なりと
か不、教え不。
當に知るべし是れ菩薩の悪知識なり。
復次須菩提。惡魔作父母形像到菩薩所語菩薩言。
子汝為須陀
果證故懃精進。
乃至阿羅漢果證故懃精進。
汝用阿耨多羅三藐三菩提為。
求阿耨多羅三藐三菩提。當受無量阿僧祇劫生死截手截
受諸苦痛。
如是魔事魔罪不
不教。
當知是菩薩惡知識。
復た次に須菩提。惡魔父母の形像を作し菩薩の所に到り、菩薩に言を語る、
『子よ汝須陀
果の證の為の故に懃め、精進すべし。
乃至阿羅漢果の證の故に懃め、精進すべし。
汝阿耨多羅三藐三菩提を用て為すや。
阿耨多羅三藐三菩提を求めば、當に無量阿僧祇劫の生死を受け、手を截ち、
を截ち、諸の苦痛を受くべし』
是の如きは魔事・魔罪なりとか不、教え不。
當に知るべし是れ菩薩の悪知識なり。
復次須菩提。惡魔作比丘形像到菩薩所語菩薩言。
眼無常可得法。乃至意無常可得法。
眼苦眼無我眼空。無相無作寂滅離
可得法。乃至意亦如是。
用有所得法
四念處。
乃至用有所得法
十八不共法。
須菩提。如是魔事魔罪不
不教。
當知是菩薩惡知識。
知已當遠離之

復た次に須菩提。惡魔比丘の形像を作し菩薩の所に到り、菩薩に言を語る、
『眼の無常は得る可き法なり、乃至意の無常は得る可き法なり』
眼の苦、眼の無我、眼の空・無相・無作、寂滅、離も得る可き法なりと
說く。乃至意も亦た是の如し。
得る所有る法を用て四念處を
き、
乃至得る所有る法を用て十八不共法を
く。
須菩提。是の如きは魔事・魔罪なりとか不、教え不。
當に知るべし是れ菩薩の悪知識なり。
知り已りて當に之を遠離すべし」

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館