<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經幻學品第十一(丹本云幻人品)

四、菩薩摩訶薩は般若波羅蜜を行ずるに、驚かず、畏れず、怖がらないと説く

復次須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。
觀色無常相是亦不可得。
觀色苦相無我相空相無相相無作相寂滅相離相。是亦不可得。
受想行識亦如是。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずるに、
色無常の相、是れ亦た得る可が故に不と觀じ、
色苦の相・無我の相・空の相・無相の相・無作の相・寂滅の相・離の相、是れ亦た得る可が故に不と觀じ、受・想・行・識亦た是の如し。
是時菩薩作是念。
我當為一切
是無常法。
是亦不可得。
當為一切
苦相無我相空相無相相無作相寂滅相離相。
是亦不可得。
是名菩薩摩訶薩檀那波羅蜜。
是の時菩薩是の念を作す、
『我れ當に一切の
生の為に是の無常の法をくも、
是れ亦た得る可が故に不。
當に一切の
生の為に苦相をくも、
無我の相・空の相・無相の相・無作の相・寂滅の相・離の相を
くも、
是れ亦た得る可が故に不』と。
是れ菩薩摩訶薩の檀那波羅蜜と名づく。
復次須菩提。菩薩摩訶薩不以聲聞辟支佛心。觀色無常亦不可得。
不以聲聞辟支佛心。觀識無常亦不可得。
不以聲聞辟支佛心。
SAT版『。』無)觀色苦無我空無相無作寂滅離。亦不可得。
受想行識亦如是。
是名菩薩摩訶薩尸羅波羅蜜。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩聲聞・辟支佛心を以た不して、色は無常と觀ずるも、亦た得る可が故に不。
聲聞・辟支佛心を以た不して、識は無常と觀ずるも、亦た得る可が故に不。
聲聞・辟支佛心を以た不して、色苦・無我・空・無相・無作・寂滅・離を觀ずるも、亦た得る可が故に不。
受・想・行・識亦た是の如し。
是れ菩薩摩訶薩の尸羅波羅蜜と名づく。
復次須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。是諸法無常相。
乃至離相忍欲樂。
是名菩薩摩訶薩
提波羅蜜。
復次須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。應薩婆若心。觀色無常相亦不可得。
乃至離相亦不可得。
受想行識亦如是。
應薩婆若心不捨不息。
是名菩薩摩訶薩毘梨耶波羅蜜。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずるに、是れ諸法の無常の相、
乃至離の相は忍・欲・樂なり。
是れ菩薩摩訶薩の
提波羅蜜と名づく。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずるに、薩婆若に應ずる心は、色無常の相亦た得る可が故にあら不、
乃至離の相亦た得る可が故にあら不、
受・想・行・識亦た是の如しと觀ずるも、
薩婆若に應ずる心は、捨て不、息ま不。
是れ菩薩摩訶薩の毘梨耶波羅蜜と名づく。
復次須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。不起聲聞辟支佛意及餘不善心。
是名菩薩摩訶薩禪那波羅蜜。
復次須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。如是思惟。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずるに、聲聞・辟支佛の意及び餘の不善心を起こさ不。
是れ菩薩摩訶薩の禪那波羅蜜と名づく。
復た次に須菩提。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずるに、是の如く思惟す。
不以空色故色空。
色即是空空即是色。
受想行識亦如是。
不以空眼故眼空。
眼即是空空即是眼。
乃至意觸因
生受。
不以空受。故受空。受即是空空即是受。
不以空四念處故。四念處空。四念處即是空。空即是四念處。
乃至不以空十八不共法故。十八不共法空。
十八不共法即是空。空即是十八不共法。
『色を空とするを以ての故に色は空なるにあら不。色は即ち是れ空、空は即ち是れ色。受・想・行・識も亦た是の如し。
眼を空とするを以ての故に眼は空なるにあら不。眼は即ち是れ空、空は即ち是れ眼。乃至意觸因
生の受〈も亦た是の如し〉。
受を空とするを以ての故に受は空なるにあら不。受は即ち是れ空、空は即ち是れ受。
四念處を空とするを以ての故に四念處は空なるにあら不。四念處は即ち是れ空。空は即ち是れ四念處。
乃至空十八不共法を空とするを以ての故に十八不共法は空なるにあら不。十八不共法は即ち是れ空。空は即ち是れ十八不共法』
如是須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。不驚不畏不怖。 是の如く須菩提。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずるに、驚か不、畏れ不、怖か不」

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館