<<目次へ  <<戻る  訓読へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜経巻第四

後秦亀茲国三蔵鳩摩羅什訳

幻学品第十一(丹本云幻人品)

一、ブッダ、一切は幻と異なることあるかをスブーティに問う

爾時慧命須菩提白佛言。
世尊。若當有人問言。
幻人學般若波羅蜜當得薩婆若不。
そのとき須菩提(スブーティ)長老が仏に次のように申し上げた。
「世尊。例えばまさにある人が質問したとしましょう、
『幻の人が
般若波羅蜜(プラジニャー:智慧+パーラミター:到彼岸、智慧の超越)を学べば、まさに薩婆若(サルヴァジュニャーナ、一切智)を得るでしょうか。
幻人學禪那波羅蜜毘梨耶波羅蜜提波羅蜜尸羅波羅蜜檀那波羅蜜。 幻の人が禅那波羅蜜(ディヤーナ:三昧、〜の超越)・毘梨耶波羅蜜(ヴィーリャ:精進、〜の超越)提波羅蜜(クシャーンティ:忍辱、〜の超越)・尸羅波羅蜜(シーラ:持戒、〜の超越)・檀那波羅蜜(ダーナ:布施、〜の超越)を学び、
學四念處乃至十八不共法及一切種智。得薩婆若不。
我當云何答。
四つの観行から十八の〈仏以外には〉具わらない事物まで及び一切種智(一切空なるがゆえに平等・無差別であることを知りながら現象の諸相の種別を見極める智慧)を学べば、薩婆若を得るでしょうか』と、
私はまさにどのように答えればよいのでしょうか」
佛告須菩提。
我還問汝。隨汝意答我。
須菩提。於汝意云何。
色與幻有異不。
受想行識與幻有異不。
仏が須菩提に次のように説いた。
「反対に私が汝に質問しよう。汝がどう思うか私に答えなさい。
須菩提。汝はどう思うか。
物質的存在と幻は異なるということがあるであろうか。
感覚・知覚・意志・意識と幻は異なるということがあるであろうか」
須菩提言。
不也世尊。
須菩提が言った。
「ありません、世尊」
佛言。
於汝意云何。
眼與幻有異不。
乃至意與幻有異不。
色乃至法與幻有異不。
眼界乃至意識界與幻有異不。
仏が言った。
「汝はどう思うか。
眼と幻は異なるということがあるであろうか。
さらには心までと幻は異なるということがあるであろうか。
物質的存在あるいは事物と幻は異なるということがあるであろうか。
目に見える範囲から心による認知の及ぶ範囲までと幻は異なるということがあるであろうか。
眼觸乃至意觸。眼觸因生受。乃至意觸因生受。與幻有異不。 外界の認知あるいは心による認知、外界の認知により生ずる感覚から心による認知により生ずる感覚と幻は異なるということがあるであろうか」
須菩提言。
不也世尊。
於汝意云何。四念處與幻有異不。
乃至八聖道分與幻有異不。
不也世尊。
須菩提が言った。
「ありません、世尊」
「汝はどう思うか。四つの観行と幻は異なるということがあるであろうか。
さらには八つの正しい道までと幻は異なるということがあるであろうか」
「ありません、世尊」
於汝意云何。空無相無作與幻有異不。
不也世尊。
「汝はどう思うか。空・姿かたちがないこと・作為されたものはないこと(三解脱門)と幻は異なるということがあるであろうか」
「ありません、世尊」
須菩提。於汝意云何。檀那波羅蜜與幻有異不。
乃至十八不共法與幻有異不。
不也世尊。
「須菩提。汝はどう思うか。檀那波羅蜜と幻は異なるということがあるであろうか。
あるいは十八の〈仏以外には〉具わらない事物と幻は異なるということがあるであろうか」
「ありません、世尊」
須菩提。於汝意云何。阿耨多羅三藐三菩提與幻有異不。 「須菩提。汝はどう思うか。阿耨多羅三藐三菩提(アヌッタラサムャクサンボーディ、最上にして普遍的の覚り)と幻は異なるということがあるであろうか」
不也世尊。
何以故。
色不異幻幻不異色。
色即是幻幻即是色。
「ありません、世尊。
なぜでしょうか。
物質的存在は幻と異ならず、幻は物質的存在と異ならず、
物質的存在はそのままで幻、幻はそのままで物質的存在だからです。
世尊。受想行識不異幻。幻不異受想行識。
識即是幻幻即是識。
世尊。感覚・知覚・意志・意識は幻と異ならず、幻は感覚・知覚・意志・意識と異ならず。
〈感覚・知覚・意志・〉意識はそのままで幻、幻はそのままで〈感覚・知覚・意志・〉意識です。
世尊。眼不異幻幻不異眼。
眼即是幻幻即是眼。
眼觸因
生受。乃至意觸因生受亦如是。
世尊。眼は幻と異ならず、幻は眼と異ならず。
眼はそのままで幻、幻はそのままで眼です。
外界の認知から生ずる感覚、あるいは心による認知から生ずる感覚もまたこのようです。
世尊。四念處不異幻。幻不異四念處。
四念處即是幻。幻即是四念處。
乃至阿耨多羅三藐三菩提不異幻。幻不異阿耨多羅三藐三菩提。
阿耨多羅三藐三菩提即是幻。幻即是阿耨多羅三藐三菩提。

世尊。四つの観行は幻と異ならず、幻は四つの観行と異ならず。
四つの観行はそのままで幻、幻はそのままで四つの観行です。
さらには阿耨多羅三藐三菩提までも幻と異ならず、幻は阿耨多羅三藐三菩提と異ならず。
阿耨多羅三藐三菩提はそのままで幻、幻はそのままで阿耨多羅三藐三菩提です」

<<目次へ  <<戻る  訓読へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館