<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經相行品第十(行相品ならん)

四、ブッダ、すべては究極的に清浄ゆえに認知できないと説く

舍利弗白佛言。
世尊。菩薩摩訶薩如是學。為學般若波羅蜜耶。
佛告舍利弗。
菩薩摩訶薩如是學。為學般若波羅蜜。是法不可得故。
乃至學檀那波羅蜜。是法不可得故。
學四念處乃至十八不共法。是法不可得故。
舍利弗、佛に言を白せり。
「世尊。菩薩摩訶薩是の如く學ぶを、般若波羅蜜を學ぶと為す耶」
佛、舍利弗に告げさとせり。
「菩薩摩訶薩是の如く學ぶを、般若波羅蜜を學ぶと為す。是の法得る可が故に不るが故に、
乃至檀那波羅蜜を學ぶと、是の法得る可が故に不るが故に、
四念處乃至十八不共法を學ぶと、是の法得る可が故に不るが故に」
舍利弗白佛言。
世尊。如是菩薩摩訶薩學(菩薩摩訶薩如是學ならん)般若波羅蜜。是法不可得耶。
舍利弗、佛に言を白せり。
「世尊。是の如く菩薩摩訶薩般若波羅蜜を學べど、是の法得る可が故に不る耶」
佛言。
如是菩薩摩訶薩學(菩薩摩訶薩如是學ならん)般若波羅蜜。是法不可得。
佛言わく。
「是の如く菩薩摩訶薩般若波羅蜜を學ばば、是の法得る可が故に不」
舍利弗言。
世尊。何等法不可得。
佛言。
我不可得。乃至知者見者不可得。畢竟淨故。
五陰不可得。十二入不可得。十八界不可得。畢竟淨故。
無明不可得。畢竟淨故。
乃至老死不可得。畢竟淨故。
苦諦不可得。畢竟淨故。
集滅道諦不可得。畢竟淨故。
欲界不可得。畢竟淨故。
色界無色界不可得。畢竟淨故。
四念處不可得。畢竟淨故。
乃至十八不共法不可得。畢竟淨故。
六波羅蜜不可得。畢竟淨故。
須陀
不可得。畢竟淨故。
斯陀含阿那含阿羅漢辟支佛不可得。畢竟淨故。
菩薩不可得。畢竟淨故。
佛不可得。畢竟淨故。
舍利弗言わく。
「世尊。何等の法か得る可が故に不るや」
佛言わく。
「我得る可が故に不。乃至知者・見者得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に。
五陰得る可が故に不。十二入得る可が故に不。十八界得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に。
無明得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に。
乃至老死得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に。
苦諦得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に。
集・滅・道諦得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に。
欲界得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に。
色界・無色界得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に。
四念處得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に。
乃至十八不共法得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に。
六波羅蜜得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に。
須陀
得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に。
斯陀含・阿那含・阿羅漢・辟支佛得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に。
菩薩得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に。
佛得る可が故に不。畢竟淨らかなるが故に」
舍利弗。白佛言。世尊。
何等是畢竟淨。
佛言。
不出不生無得無作。是名畢竟淨。
舍利弗、佛に言を白せり。
「世尊。何等か是れ畢竟淨らかなるや」
佛言わく。
「出で不、生ぜ不、得る無く、作す無し、是れを畢竟淨らかなりと名づく」

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館