<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經相行品第十(行相品ならん)

一、スブーティ、方便なき行は行の姿かたちでしかないことを説く

爾時須菩提白佛言。
世尊。若菩薩摩訶薩無方便欲行般若波羅蜜。
若行色為行相。
若行受想行識為行相。
若色是常行為行相。
若受想行識是常行為行相。
若色是無常行為行相。
若受想行識是無常行為行相。
若色是樂行為行相。
若受想行識是樂行為行相。
若色是苦行為行相。
若受想行識是苦行為行相。
若色是有行為行相。
若受想行識是有行為行相。
若色是空行為行相。
若受想行識是空行為行相。
若色是我行為行相。
若受想行識是我行為行相。
若色是無我行為行相。
若受想行識是無我行為行相。
若色是離行為行相。
若受想行識是離行為行相。
若色是寂滅行為行相。
若受想行識是寂滅行為行相。
世尊。若菩薩摩訶薩無方便行四念處為行相。
乃至行十八不共法為行相。
爾の時須菩提、佛に言を白せり。
「世尊。若しは菩薩摩訶薩方便無くして般若波羅蜜を行ぜんと欲し、
若しは色を行じて行相と為し、
若しは受・想・行・識を行じて行相と為し、
若しは色は是れ常を行じて行相と為し、
若しは受・想・行・識は是れ常を行じて行相と為し、
若しは色は是れ無常を行じて行相と為し、
若しは受・想・行・識は是れ無常を行じて行相と為し、
若しは色は是れ楽を行じて行相と為し、
若しは受・想・行・識は是れ楽を行じて行相と為し、
若しは色は是れ苦を行じて行相と為し、
若しは受・想・行・識は是れ苦を行じて行相と為し、
若しは色は是れ有を行じて行相と為し、
若しは受・想・行・識は是れ有を行じて行相と為し、
若しは色は是れ空を行じて行相と為し、
若しは受・想・行・識は是れ空を行じて行相と為し、
若しは色は是れ我を行じて行相と為し、
若しは受・想・行・識は是れ我を行じて行相と為し、
若しは色は是れ無我を行じて行相と為し、
若しは受・想・行・識は是れ無我を行じて行相と為し、
若しは色は是れ離を行じて行相と為し、
若しは受・想・行・識は是れ離を行じて行相と為し、
若しは色は是れ寂滅を行じて行相と為し、
若しは受・想・行・識は是れ寂滅を行じて行相と為し、
世尊。若しは菩薩摩訶薩方便無くして四念處を行じて行相と為し、
乃至十八不共法を行じて行相と為す。
世尊。若菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時作是念。
我行般若波羅蜜。
有所得行亦是行相。
世尊。若しは菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じし時、是の念を作す。
『我れ般若波羅蜜を行ず』と。
得る所有る行は亦た是れ行相なり。
世尊。若菩薩摩訶薩作是念。
能如是行是修行般若波羅蜜。
亦是行相。
當知是菩薩摩訶薩行般若波羅蜜無方便。
世尊。若しは菩薩摩訶薩是の念を作す。
『能く是の如く行ずれば是れ般若波羅蜜を修行せるなり』と。亦た是れ行相なり。
當に知るべし、是の菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずるに方便無しと」
須菩提語舍利弗。
若菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。
色受念妄解。
若色受念妄解為色故作行。
若為色故作行
不能得離生老病死憂悲苦惱及後世苦。
須菩提、舍利弗に語らえり。
「若しは菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行じし時、
色受し妄解を念じ、
若しは色受し妄解を念じて色と為す故に行を作し、
若しは色と為すが故に行を作し、
生老病死・憂悲・苦惱及び後世の苦を離るるを得ること能わ不。
若菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時無方便。
眼受念妄解
乃至意。
色乃至法。
眼識界乃至意識界。
眼觸乃至意觸。
眼觸因
生受乃至意觸因生受。
四念處乃至十八不共法受念妄解。
為十八不共法故作行。若為作行。
若しは菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時方便無く、
眼を受けて妄解を念じ
乃至意、
色乃至法、
眼識界乃至意識界、
眼觸乃至意觸、
眼觸因縁生の受乃至意觸因縁生の受、
四念處乃至十八不共法を受けて妄解を念じ、
十八不共法と為すが故に行を作し、若しは行を作すと為す。
是菩薩不能得離生老病死憂悲苦惱及後世苦。
如是菩薩尚不能得聲聞辟支佛地證。
何況得阿耨多羅三藐三菩提無有是處。
舍利弗。當知是菩薩摩訶薩行般若波羅蜜無方便。
是の菩薩生老病死・憂悲・苦惱及び後世の苦を離るるを得ること能わ不。
是の如き菩薩は尚、聲聞・辟支佛地の證を得ること能わ不。
何に阿耨多羅三藐三菩提を得たことを自覚すると況んや、是の處有ること無し。
舍利弗。當に知るべし是の菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずるに方便無しと」

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館