<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經集散品第九

三、スブーティ、意識を留めずに般若波羅蜜を行ずべしと説く

復次世尊。菩薩摩訶薩欲行般若波羅蜜
色中不應住。
受想行識中不應住。
眼耳鼻舌身意中不應住。
色聲香味觸法中不應住。
眼識乃至意識中不應住。
眼觸乃至意觸中不應住。
眼觸因
生受。乃至意觸因生受中不應住。
地種。水火風種空識種中不應住。
無明乃至老死中不應住。
何以故。
世尊。色色相空。
受想行識識相空。
復た次に世尊。菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ぜんと欲さば、
色中に應に住すべから不。
受・想・行・識中に應に住すべから不、
眼・耳・鼻・舌・身・意中に應に住すべから不、
色・聲・香・味・觸・法中に應に住すべから不、
眼識乃至意識中に應に住すべから不、
眼觸乃至意觸中に應に住すべから不、
眼觸因
生受。乃至意觸因生受中に應に住すべから不、
地種、水・火・風種、空識種中に應に住すべから不、
無明乃至老死中に應に住すべから不。
何を以ての故に。
世尊。色と色相空なり、
受・想・行・識と識相空なり。
世尊。色空不名爲色。
離空亦無色。
色即是空空即是色。
受想行識。
識空不名爲識
離空亦無識。
識即是空空即是識。
乃至老死老死相空。
世尊。老死空不名老死。
離空亦無老死。
老死即是空。空即是老死。
世尊。以是因
故。菩薩摩訶薩欲行般若波羅蜜。
不應色中住。乃至老死中不應住。
世尊。色空にして名づけて色と爲さ不、
空を離れて亦た色無し、
色は即ち是れ空、空は即ち是れ色なり。
受・想・行・識、
識空にして名づけて識と爲さ不、
空を離れて亦た識無し、
識は即ち是れ空、空は即ち是れ識、
乃至老死と老死相空なり。
世尊。老死空にして老死と名づけ不、
空を離れて亦た老死無し、
老死は即ち是れ空、空は即ち是れ老死なり。
世尊。是の因
を以ての故に、菩薩摩訶薩が般若波羅蜜を行ぜんと欲さば、
色中に應に住さ不、乃至老死中に應に住さ不。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館