<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經三假品第七

一、ブッダ一切の事物はただ名称のみであることを再び説く

爾時佛告慧命須菩提。
汝當教諸菩薩摩訶薩般若波羅蜜。如諸菩薩摩訶薩所應成就般若波羅蜜。
即時諸菩薩摩訶薩及聲聞大弟子諸天等作是念。
慧命須菩提。自以智慧力。當爲諸菩薩摩訶薩
般若波羅蜜耶。
爾の時佛、慧命須菩提に告げさとせり。
「汝、當に諸の菩薩摩訶薩に般若波羅蜜を教うること、諸の菩薩摩訶薩の應に成就すべき所の般若波羅蜜の如くすべし」
即時、諸の菩薩摩訶薩及び聲聞・大弟子・諸の天等、是の念を作す。
「慧命須菩提、自ら智慧力を以て、當に諸の菩薩摩訶薩の爲に般若波羅蜜をくべき耶」
爲是佛力。慧命須菩提。知諸菩薩摩訶薩大弟子諸天心所念。語慧命舍利弗。
諸佛弟子所
法。所教授皆是佛力。
佛所
法。法相不相違背。
是善男子。學是法得證此法。
如燈。
舍利弗。一切聲聞辟支佛。實無是力。能爲菩薩摩訶薩
般若波羅蜜。
是の佛力の爲に慧命須菩提、諸の菩薩摩訶薩・大弟子・諸の天念ずる所の心を知り、慧命舍利弗に語る。
「諸の佛弟子く所の法、教授する所〈の法〉皆な是れ佛力なり。
佛のく所の法と法相は相い違背せ不。
是の善男子、是の法を學び此の法を證するを得る。
佛のは燈の如し。
舍利弗、一切の聲聞・辟支佛、實に是の力無くして能く菩薩摩訶薩の爲に般若波羅蜜をくや」
爾時慧命須菩提白佛言。
世尊。所
菩薩菩薩字何等法名菩薩。
世尊。我等不見是法名菩薩。云何教菩薩般若波羅蜜。
爾の時慧命須菩提、佛に言を白せり。
「世尊。く所の菩薩と菩薩の字、何等の法を菩薩と名づく。
世尊、我等是の法を菩薩と名づくるを見不。何に菩薩に般若波羅蜜を教えると云うや」
佛告須菩提。
般若波羅蜜亦但有名字。名爲般若波羅蜜。
菩薩菩薩字亦但有名字。
是名字不在
不在外不在中間。
須菩提。譬如
我名。和合故有。
是我名不生不滅。
但以世間名字故
佛、須菩提に告げさとせり。
「般若波羅蜜亦た但だ名字有りて、名づけて般若波羅蜜と爲す。
菩薩と菩薩の字も亦た但だ名字有りて、
是の名字はに在ら不、外に在ら不、中間に在ら不。
須菩提、譬えば我の名をく如きは、和合の故に有り。
是の我の名は不生・不滅にして、
但だ世間の名字を以ての故にく。
生壽者命者生者養育者。
數人作者使作者。
起者使起者。
受者使受者。
知者見者等。和合法故有。
是諸名不生不滅。
但以世間名字故
般若波羅蜜。
菩薩菩薩字亦如是。皆和合故有。
是亦不生不滅。
但以世間名字故
生・壽者・命者・生者・養育者、
數・人・作者・使作者、
起者・使起者、
受者・使受者、
知者・見者等の如きも、和合の法の故に有り。
是の諸の名も不生・不滅にして、
但だ但だ世間の名字を以ての故に般若波羅蜜をく。
菩薩・菩薩の字も亦た是の如く、皆な和合の故に有り。
是れ亦た不生・不滅にして、
但だ世間の名字を以ての故にく。
須菩提。譬如身和合故有。
是亦不生不滅。
但以世間名字故

須菩提。譬如色受想行識。亦和合故有。
是亦不生不滅。
但以世間名字故

須菩提、譬えば身の如きは、和合の故に有り。
是れ亦た不生・不滅にして、
但だ世間の名字を以ての故にく。
須菩提、譬えば色・受・想・行・識の如きも、亦た和合の故に有り。
是れ亦た不生・不滅にして、
但だ世間の名字を以ての故にく。
須菩提。般若波羅蜜。菩薩菩薩字亦如是。皆是和合故有。
是亦不生不滅。
但以世間名字故
須菩提、般若波羅蜜・菩薩・菩薩の字も亦た是の如く、皆な是れ和合の故に有り。
是れ亦た不生・不滅にして、
但だ世間の名字を以ての故にく。
須菩提。譬如眼和合故有。
是亦不生不滅。
但以世間名字故

是眼不在
不在外不在中間。
耳鼻舌身意和合故有。
是亦不生不滅。
但以世間名字故

色乃至法亦如是。
眼界和合故有。
是亦不生不滅。
但以世間名字故

乃至意識界亦如是。
須菩提、譬えば眼の如きは和合の故に有り。
是亦た不生・不滅にして、
但だ世間の名字を以ての故にく。
是の眼はに在ら不、外に在ら不、中間に在ら不。
耳・鼻・舌・身・意も和合の故に有り。
是れ亦た不生・不滅にして、
但だ世間の名字を以ての故にく。
色乃至法も亦た是の如し。
眼界は和合の故に有り。
是れ亦た不生・不滅にして、
但だ世間の名字を以ての故にく。
乃至意識界亦た是の如し。
須菩提。般若波羅蜜菩薩菩薩字亦如是。皆和合故有。
是亦不生不滅。
但以世間名字故

是名字不在
不在外不在中間。
須菩提、般若波羅蜜・菩薩・菩薩の字も亦た是の如く、皆な和合の故に有り。
是れ亦た不生・不滅にして、
但だ世間の名字を以ての故にく。
是の名字はに在ら不、外に在ら不、中間に在ら不。
須菩提。譬如身名爲頭但有名字。
項肩臂脊脅髀
膞腳皆和合故有。
是法及名字亦不生不滅。
但以名字故

是名字亦不在
亦不在外不在中間。
須菩提、譬えば身の如きは名づけて頭と爲すも但だ名字有り。
項・肩・臂・脊・脅・髀・は皆な和合の故に有り。
是の法及び名字は亦た不生・不滅にして、
但だ名字を以ての故にく。
是の名字は亦たに在ら不、外に在ら不、中間に在ら不。
須菩提。般若波羅蜜菩薩菩薩字亦如是。皆和合故有。
但以名字故

是亦不生不滅。不在
不在外不在中間。
須菩提。譬如外物草木枝葉莖節。
如是一切但以名字故

是法及名字亦不生不滅。非
非外非中間住。
須菩提、般若波羅蜜・菩薩・菩薩の字も亦た是の如く、皆な和合の故に有り。
但だ名字を以ての故にく。
是れ亦た不生・不滅にして、に在ら不、外に在ら不、中間に在ら不。
須菩提、譬えば外物・草木・枝葉・莖節の如きも是の如し。
一切但だ名字を以ての故にく。
是の法及び名字は亦た不生・不滅にして、に非ず、外に非ず、中間に住するに非ず。
須菩提。般若波羅蜜菩薩菩薩字亦如是。皆和合故有。
是法及名字亦不生不滅。非
非外非中間住。
須菩提。譬如過去諸佛名。和合故有。
是亦不生不滅。
但以名字故

是亦非
非外非中間住。般若波羅蜜菩薩菩薩字亦如是。
須菩提、般若波羅蜜・菩薩・菩薩の字も亦た是の如く、皆和合の故に有り。
是の法及び名字は亦た不生・不滅にして、に非ず、外に非ず、中間に住するに非ず。
須菩提、譬えば過去の諸の佛の名の如きも、和合の故に有り。
是亦た不生・不滅にして、
但だ名字を以ての故にく。
是亦たに非ず、外に非ず、中間に住するに非ず。般若波羅蜜菩薩・菩薩の字も亦た是の如し。
須菩提。譬如夢響影幻。佛所化皆是和合故有。
但以名字

是法及名字不生不滅。非內非外非中間住。
般若波羅蜜菩薩菩薩字亦如是。
須菩提、譬えば夢・響・影・幻・の如きは、佛の化する所にして皆な是れ和合の故に有り。
但だ名字を以ての故にく。
是の法及び名字は亦た不生・不滅にして、に非ず、外に非ず、中間に住するに非ず。
般若波羅蜜・菩薩・菩薩の字も亦た是の如し。
如是須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。
名假施設。
受假施設。
法假施設。
如是應當學。
是の如く、須菩提、菩薩摩訶薩は般若波羅蜜を行じ、
名は假の施設、
受は假の施設、
法は假の施設なりと、
是の如し。應に當に學ぶべし。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館