<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經舌相品第六

ブッダ舌相から光を発し諸仏世界を照らす

爾時世尊出舌相遍覆三千大千世界從其舌相出無數無量色光明。普照十方如恒河沙等諸佛世界。
是時東方如恒河沙等世界中(欠「」)無量無數諸菩薩見是大光明。各各白其佛言。
世尊。是誰力故有是大光明普照諸佛世界。
諸佛告諸菩薩言。
爾の時世尊、舌相を出し遍く三千大千世界を覆い。其の舌相從り無數・無量色の光明を出し、普く十方の恒河沙の如き等の諸佛世界を照らせり。
是の時東方の恒河沙の如き等の世界の中の無量・無數の諸菩薩は、是の大光明を見て各各其の佛に言を白せり。
「世尊。是れ誰の力の故に是の大光明有りて、普く諸佛世界を照らすや」
諸佛、諸菩薩に言を告げさとせり。
諸善男子。西方有世界名娑婆。是中有佛名釋迦牟尼。
是其舌相出大光明。普照東方如恒河沙等諸佛世界。
南西北方四維上下亦復如是。
爲諸菩薩摩訶薩
般若波羅蜜故。
是時諸菩薩各白其佛言。
我欲往供養釋迦牟尼佛及諸菩薩摩訶薩。并欲聽般若波羅蜜。
諸佛告諸菩薩(欠「」)
善男子。汝自知時。
「諸善男子、西方に世界有りて娑婆と名づけられる。是の中に佛有りて釋迦牟尼と名づく。
是れ其の舌相大光明を出し、普く東方の恒河沙の如き等の諸佛世界照らす。
南西北方四維上下も亦た復た是の如し。
諸菩薩摩訶薩の爲に般若波羅蜜を
く故に」
是の時、諸菩薩各其の佛に言を白せり。
「我れ往きて釋迦牟尼佛及び諸菩薩摩訶薩を供養することを欲し、并せて般若波羅蜜を聽かんと欲す」
諸佛、諸菩薩に言を告げさとせり。
「善男子、汝自ら知る時なり」
是時諸菩薩摩訶薩持諸供養具無量花蓋幢幡瓔珞香金銀寶花。
向娑婆世界詣釋迦牟尼佛所。
爾時四天王諸天乃至阿迦尼
諸天。各持天上天香末香澤香天樹香葉香。天種種蓮花青赤紅白。向釋迦牟尼佛所。
是諸菩薩摩訶薩及諸天。所散諸花。於三千大千世界
空中。化成四柱大寶臺。種種異色莊嚴分明。
是時釋迦牟尼佛
中有十萬億人。皆從座起合掌白佛言。
是の時、諸菩薩摩訶薩、諸の供養具、無量の花蓋・幢幡・瓔珞香・金銀・寶花を持ちて
娑婆世界に向かい、釋迦牟尼佛の所に詣づ。
爾の時、四天王諸天乃至阿迦尼
諸天、各天上の天香・末香・澤香・天樹香・葉香・天の種種の蓮花・青赤紅白を持ちて、釋迦牟尼佛の所に向かう。
是の諸菩薩摩訶薩及び諸天の散ずる所の諸花は、三千大千世界の
空中に於いて、化して四柱の大寶臺と成る。種種の異色莊嚴として分明なり。
是の時、釋迦牟尼佛の
中に十萬億人有りて、皆な座從り起ちて合掌して佛に言を白せり。
世尊。我等於未來世中亦當得如是法。如今釋迦牟尼佛弟子侍從大法亦爾。
是時佛知善男子至心於一切諸法不生不滅不出不作得是法忍。
佛便微笑。種種色光從口中出。
阿難白佛言。
世尊。何因
故微笑。
佛告阿難。
中十萬億人於諸法中得無生忍。
是諸人於未來世。過六十八億劫當作佛。劫名花積。佛皆號覺花
「世尊。我等未來世の中に於いて亦た當に是の如き法を得る。今の釋迦牟尼佛が弟子侍從して大法する如く、亦た爾るや」
是の時、佛、善男子の心一切諸法に於いて不生・不滅・不出・不作に至り、是の法の忍を得たるを知れり。
佛便ち微笑し、種種の色光口中從り出ず。
阿難佛に言を白せり。
「佛よ、何の因
で微笑せるや」
佛阿難に告げさとせり。
「是の
中の十萬億人は諸法中に於いて無生の忍を得、
是の諸人未來世に於いて、六十八億劫を過ぎて當に佛と作るべし。劫を花積と名づけ、佛は皆な覺花と號す」

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館