<<目次へ  <<戻る  訓読へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜経往生品第四

九、菩薩摩訶薩が一切種智を得ることについて説く

舍利弗。有菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。住檀那波羅蜜淨薩婆若道
畢竟空不生慳心故。
舍利弗、ある菩薩摩訶薩は般若波羅蜜を行ずる時、檀那波羅蜜に留まり薩婆若の道を浄める。
究極的に空であり、物惜しみする心を生じることがないからである。
舍利弗。有菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。住尸羅波羅蜜淨薩婆若道
畢竟空罪不罪不著故。
舍利弗、ある菩薩摩訶薩は般若波羅蜜を行ずる時、尸羅波羅蜜に留まり薩婆若の道を浄める。
究極的に空であり、罪・不罪に執着することはないからである。
舍利弗。有菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。住提波羅蜜淨薩婆若道
畢竟空。不瞋故。
舍利弗、ある菩薩摩訶薩は般若波羅蜜を行ずる時、提波羅蜜に留まり薩婆若の道を浄める。
究極的に空であり、いからないからである。
舍利弗。有菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。住毘梨耶波羅蜜淨薩婆若道
畢竟空。身心精進不懈怠故。
舍利弗、ある菩薩摩訶薩は般若波羅蜜を行ずる時、毘梨耶波羅蜜に留まり薩婆若の道を浄める。
究極的に空であり、身心の精進を怠らないからである。
舍利弗。有菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。住禪那波羅蜜。淨薩婆若道
畢竟空。不亂不味故。
舍利弗、ある菩薩摩訶薩は般若波羅蜜を行ずる時、禅那波羅蜜に留まり薩婆若の道を浄める。
究極的に空であり、乱れず味わわないからである。
舍利弗。有菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。住般若波羅蜜淨薩婆若道
畢竟空。不生癡心故。
舍利弗、ある菩薩摩訶薩は般若波羅蜜を行ずる時、般若波羅蜜に留まり薩婆若の道を浄める。
究極的に空であり、おろかな心を生じることがないからである。
如是舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。住六波羅蜜淨薩婆若道
畢竟空故。
不來不去故。
不施不受故。
非戒非犯故。
非忍非瞋故。
不進不怠故。
不定不亂故。
不智不愚故。
このように舍利弗、菩薩摩訶薩が般若波羅蜜を行ずる時、六波羅蜜に留まり薩婆若の道を浄めるのである。
究極的に空であり、
来ず、去らないから、
施さず、受けないから、
戒でなく、犯でないから、
忍耐でなく、いかりでないから、
進まず、怠らないから、
定らず、乱れないから、
智くなく、愚かでないからである。
爾時菩薩摩訶薩。
不分別布施不布施。
持戒犯戒。
忍辱瞋恚。
精進懈怠。
定心亂心。
智慧愚癡。
不分別毀害輕慢恭敬。
その時、菩薩摩訶薩は、
布施・不布施、
持戒・犯戒、
忍辱・瞋恚、精進・懈怠、
定心・乱心、
智慧・愚痴を分別せず、
毀害・軽慢・恭敬を分別しないのである。
何以故。
舍利弗。無生法中
無有受毀者。
無有受害者。
無有受輕慢恭敬者。
何故であろうか。
舎利弗、生ずる事のない事物の中に、
そしりを受ける者があることはなく、
害を受ける者があることはなく、
軽慢・恭敬を受ける者があることはないからである。
舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜 得如是諸功コ。聲聞辟支佛所無有得。
是功コ具足成就生淨佛國土。
得一切種智。
舎利弗、菩薩摩訶薩は般若波羅蜜を行じ、このような諸々の声聞・辟支仏が得るということのない功徳を得て、
この功徳を具足し、衆生を救い上げ、仏のいる国土を浄め、
一切種智を得るのである。
復次舍利弗。菩薩摩訶薩。行般若波羅蜜時。
一切生中生等心。
一切生中生等心已 。
得一切諸法等。
得一切諸法等已。
立一切生於諸法等中。
また次に舎利弗、菩薩摩訶薩は般若波羅蜜を行ずる時、
一切の衆生を等しく観る心を生じ、
一切の衆生を等しく観る心を生じたことによって、
一切の諸々の事物は等しいと〈実体として〉認知しないし、
一切の諸々の事物が等しいと〈実体として〉認知しないしたことによって、
一切の衆生を諸々の事物の等しい中に置いて観るのである。
是菩薩摩訶薩。現世爲十方諸佛所愛念。
亦爲一切菩薩一切聲聞辟支佛所愛念。
是菩薩在所生處。
眼終不見不愛色。
乃至意不覺不愛法。
この菩薩摩訶薩は、現世で十方の諸々の仏が愛しいと思うようになり、
また一切の菩薩、一切の声聞・辟支仏が愛しいと思うようになるであろう。
この菩薩はそれぞれ生まれるところにおいて、
眼は最後まで物質的存在を見ることなく愛着することがない、
さらにこころは事物を認めず愛着することがない。
如是舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。
不減於阿耨多羅三藐三菩提。
このように舎利弗、菩薩摩訶薩は般若波羅蜜を行じ、
阿耨多羅三藐三菩提を減ずることはないのである」

<<目次へ  <<戻る  訓読へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館