<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經往生品第四

六、菩薩摩訶薩の五眼による浄めを説く(二)


舍利弗白佛言。
世尊。云何菩薩摩訶薩法眼淨。
佛告舍利弗。
菩薩摩訶薩。以法眼知
是人隨信行。
是人隨法行。
是人無相行。
是人行空解
門。
是人行無相解
門。
是人行無作解
門得五根。
得五根故得無間三昧。
得無間三昧故得解
智。
得解
智故斷三結我見疑戒取。
是人名須陀洹。
是人得思惟道。薄婬恚癡當得斯陀含。
攝i思惟道。斷婬恚癡得阿那含。
攝i思惟道。斷色染無色染無明慢掉得阿羅漢。
是人行空無相無作解
門得五根。
得五根故得無間三昧。
得無間三昧故得解
智。
得解
智故知所有集法皆是滅法。作辟支佛。
是爲菩薩摩訶薩法眼淨。
〈法眼による浄め〉
舍利弗佛に言を白せり。
「世尊。何を菩薩摩訶薩の法眼淨と云うや」
佛舍利弗に告げさとせり。
「菩薩摩訶薩、法眼を以て、
是の人隨信行を、
是の人隨法行を、
是の人無相行を、
是の人空解
門を行じ、
是の人無相解
門を行じ、
是の人無作解
門を行ずるを知り、五根を得、
五根を得るが故に無間三昧を得、
無間三昧を得るが故に解
智を得、
智を得るが故に三結・我見・疑・戒取を斷ずる、
是の人を須陀
と名づく、
是の人思惟道を得、婬・恚・癡を薄め、當に斯陀含を得、
思惟道を攝iし。婬・恚・癡を斷じ阿那含を得、
思惟道を攝iし。色染・無色染・無明慢掉を斷じ阿羅漢を得、
是の人空・無相・無作解
門を行じ五根を得る。
五根を得るが故に無間三昧を得、
無間三昧を得るが故に解
智を得、
智を得るが故に有る所の集法皆是れ滅法なりと知り、辟支佛と作ると。
是れを菩薩摩訶薩の法眼淨と爲す。
復次舍利弗。
菩薩摩訶薩知是菩薩初發意。行檀那波羅蜜乃至行般若波羅蜜。
成就信根精進根善根純厚用方便力故。爲生受身。
若生
利大姓。
若生婆羅門大姓。
若生居士大家。
若生四天王天處。乃至他化自在天處。
是菩薩於其中住成就生。隨其所樂皆給施之。
亦淨佛國土値遇諸佛。供養恭敬尊重讚歎。
乃至阿耨多羅三藐三菩提。
亦不墮聲聞辟支佛地。
是名菩薩摩訶薩法眼淨。
復た次に舍利弗、
菩薩摩訶薩是の菩薩初發意し、檀那波羅蜜を行じ乃至般若波羅蜜を行じ、
信根・精進根・善根を成就し、純厚に方便力を用っての故に、生の爲に身を受くるを知る。
若しは
利大姓に生じ、
若しは婆羅門大姓に生じ、
若しは居士大家に生じ、
若しは四天王天處乃至他化自在天處に生ず。
是の菩薩其の中に於いて住し、生を成就し、其の樂しむ所に隨い皆な之を給施す。
亦た佛國土を淨め諸佛に値遇し、供養・恭敬・尊重・讚歎し、
乃ち阿耨多羅三藐三菩提に至り、
亦た聲聞・辟支佛地に墮せ不。
是れを菩薩摩訶薩の法眼淨と名づく。
復次舍利弗。
菩薩摩訶薩。
知是菩薩於阿耨多羅三藐三菩提退。
知是菩薩於阿耨多羅三藐三菩提不退。
知是菩薩受阿耨多羅三藐三菩提記。
知是菩薩未受阿耨多羅三藐三菩提記。
知是菩薩到阿惟越致地。
知是菩薩未到阿惟越致地。
知是菩薩具足神通。
知是菩薩未具足神通。
知是菩薩以具足神通。飛到十方如恒河沙等世界。見諸佛供養恭敬尊重讚歎。
知是菩薩未得神通當得神通。
復た次に舍利弗、
菩薩摩訶薩、是の菩薩阿耨多羅三藐三菩提に於いて
退くを知り、
是の菩薩阿耨多羅三藐三菩提に於いて退か不るを知る。
是の菩薩阿耨多羅三藐三菩提の記を受くるを知り、
是の菩薩未だ阿耨多羅三藐三菩提の記を受けざるを知る。
是の菩薩阿惟越致地に到るを知り、
是の菩薩未だ阿惟越致地に到らざるを知る。
是の菩薩神通を具足し、
是の菩薩未だ神通を具足せざるを知る。
是の菩薩神通を具足するを以て、十方の如恒河沙等の世界に飛到し、諸佛に見え供養・恭敬・尊重・讚歎するを知り、
是の菩薩未だ神通を得ざると、當に神通を得るべきと知る。
知是菩薩當淨佛土。不淨佛土。
是菩薩成就生未成就生。
是菩薩爲諸佛所稱譽所不稱譽。
是菩薩親近諸佛不親近諸佛。
是菩薩壽命有量壽命無量。
是菩薩得佛時。比丘有量比丘無量。
是菩薩得阿耨多羅三藐三菩提時。以菩薩爲僧。不以菩薩爲僧。
是菩薩當修苦行難行。不修苦行難行。
是菩薩一生補處。未一生補處。
是菩薩受最後身。未受最後身。
是菩薩能坐道場。不能坐道場。
是菩薩有魔無魔。
如是舍利弗。是爲菩薩摩訶薩法眼淨。
是の菩薩當に佛土を淨め、佛土を淨め不ると、
是の菩薩生を成就し、未だ生を成就せざると、
是の菩薩諸佛の稱譽する所と、稱譽せ不る所と爲すと、
是の菩薩諸佛に親近し、諸佛に親近せ不るっと、
是の菩薩壽命有量なると、壽命無量なると、
是の菩薩佛を得る時、比丘有量なると、比丘無量なると、
是の菩薩阿耨多羅三藐三菩提を得るを自覚する時、菩薩を以て僧と爲すと、菩薩を以て僧と爲さ不ると、
是の菩薩當に苦行・難行を修むると、苦行・難行を修め不るべきと、
是の菩薩一生補處なりと、未だ一生補處ならざると、
是の菩薩最後身を受くると、未だ最後身を受けざると、
是の菩薩能く道場に坐り、能く道場に坐ら不ると、
是の菩薩魔有り、魔無しと知る。
是の如く舍利弗、是れを菩薩摩訶薩の法眼淨と爲す」

舍利弗白佛言。
世尊。云何菩薩摩訶薩佛眼淨。
佛告舍利弗。
有菩薩摩訶薩求佛道心。次第入如金剛三昧。得一切種智。爾時成就十力四無所畏四無閡智十八不共法。大慈大悲。
是菩薩摩訶薩用一切種智。
一切法中無法不見
無法不聞。
無法不知
無法不識。
舍利弗。是爲菩薩摩訶薩。得阿耨多羅三藐三菩提時佛眼淨。
〈仏眼による浄め〉
舍利弗佛に言を白せり。
「世尊。何を菩薩摩訶薩の佛眼淨と云うや」
佛舍利弗に告げさとせり。
「菩薩摩訶薩有り、佛道を求むる心、次第に金剛の如き三昧に入り、一切種智を得、爾の時、十力・四無所畏・四無閡智・十八不共法・大慈大悲を成就す。
是の菩薩摩訶薩一切種智を用って、
一切の法の中に法と見不る無く、
法と聞か不る無く、
法と知ら不る無く、
法と識ら不る無し。
舍利弗、是れを菩薩摩訶薩阿耨多羅三藐三菩提を得しことを自覚する時の佛眼淨と爲す。


如是舍利弗。菩薩摩訶薩欲得五眼。當學六波羅蜜。
何以故。
舍利弗。是六波羅蜜中攝一切善法。若聲聞法辟支佛法菩薩法佛法。
舍利弗。若有實語能攝一切善法者。般若波羅蜜是。
舍利弗。般若波羅蜜能生五眼。菩薩學五眼者。得阿耨多羅三藐三菩提。

〈六波羅蜜〉
是の如く舍利弗、菩薩摩訶薩五眼を得んと欲さば、當に六波羅蜜を學ぶべし。
何を以ての故に。
舍利弗、是の六波羅蜜の中に一切の善法、若しは聲聞法・辟支佛法・菩薩法・佛法を攝す。
舍利弗、若しは實語有りて能く一切善法を攝する者は、般若波羅蜜是れなり。
舍利弗、般若波羅蜜は能く五眼を生ず、菩薩五眼を學ぶ者は、阿耨多羅三藐三菩提を得たことを自覚する。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館