<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經習應品第三

八、般若波羅蜜を行ずるとき念を起こさないことを説く

復次舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。不作是念。
我以如意神通飛到東方。供養恭敬如恒河沙等諸佛。南西北方四維上下亦如是。
復た次に舍利弗、菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずるに、是の念を作さ不、
『我れ如意神通を以って東方に飛び到り、恒河沙の如き等の諸佛を供養し、恭敬せん。南・西・北方・四維・上・下も亦た是の如し』
復次舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。
不作是念。
我以天耳聞十方諸佛所
法。
不作是念。
我以他心智知十方生心所念。
不作是念。
我以宿命通知十方生宿命所作。
不作是念。
我以天眼見十方生死此生彼。
復た次に舍利弗、菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずるに、
是の念を作さ不、
『我天耳を以って十方の諸佛の所
の法を聞かん』
是の念を作さ不、
『我他心智を以って十方の生の心の念ずる所を知らん』
是の念を作さ不、
『我宿命通を以って十方の生の宿命の作す所を知らん』
是の念を作さ不、
『我天眼を以って十方の生の此に死し彼に生ずるを見ん』
舍利弗。菩薩摩訶薩如是行。
是名與般若波羅蜜相應。
亦能度無量阿僧祇生。
舍利弗。菩薩摩訶薩能如是行般若波羅蜜。惡魔不能得其便。世間事所欲隨意。
十方各如恒河沙等諸佛。皆悉擁護是菩薩。令不墮聲聞辟支佛地。四天王天乃至阿迦尼
天。皆亦擁護是菩薩不令有閡。是菩薩所有重罪現世輕受。
舍利弗、菩薩摩訶薩是の如く行ず。
是れ般若波羅蜜與相應すと名づく。
亦た能く無量阿僧祇の生を度す。
舍利弗、菩薩摩訶薩能く是の如く般若波羅蜜を行ずるに、惡魔其の便を得ること能わ不、世間の事欲する所意に隨う。
十方の各恒河沙の如き等の諸佛、皆な悉く是の菩薩を擁護し、聲聞・辟支佛地に墮せ不ら令む。四天王天乃至阿迦尼
天、皆な亦た是の菩薩を擁護し閡有ら令め不。是の菩薩有る所の重罪を現世に輕く受く。
何以故。
是菩薩摩訶薩用普慈加生故。
舍利弗。菩薩摩訶薩如是行。
是名與般若波羅蜜相應。
復次舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。
疾得諸陀羅尼門諸三昧門。
所生處常値諸佛。
乃至阿耨多羅三藐三菩提初不離見佛。
舍利弗。菩薩摩訶薩如是習應。
是名與般若波羅蜜相應。
何を以っての故に。
是の菩薩摩訶薩普慈を用って生に加えるが故に。
舍利弗、菩薩摩訶薩是の如く行ず、
是れ般若波羅蜜與相應すと名づく。
復た次に舍利弗、菩薩摩訶薩般若波羅蜜行ずる時、
疾く諸の陀羅尼門・諸の三昧門を得、
所生の處常に諸佛に値い、
乃至阿耨多羅三藐三菩提の初めまで見佛を離れ不。
舍利弗、菩薩摩訶薩是の如く習應す、
是れ般若波羅蜜與相應すと名づく。
復次舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。不作是念。
有法與法若合若不合若等若不等。
何以故。
是菩薩摩訶薩不見是法與餘法。
若合若不合。
若等若不等。
舍利弗。菩薩摩訶薩如是習應。
是名與般若波羅蜜相應。
復た次に舍利弗、菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時、是の念を作さ不。
『法は法與若しは合、若しは不合、 若しは等、若しは不等有り』
何を以っての故に。
是の菩薩摩訶薩是の法の 餘法與
若しは合、若しは不合、
若しは等、若しは不等を見不。
舍利弗、菩薩摩訶薩是の如く習應す、
是れ般若波羅蜜與相應すと名づく。
復次舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。不作是念。
我當疾得法性若不得。
何以故。
法性非得相故。
舍利弗。菩薩摩訶薩如是習應。
是名與般若波羅蜜相應。
復次舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。不見有法出法性者。如是習應。
是名與般若波羅蜜相應。
復た次に舍利弗、菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずるに、是の念を作さ不。
『我れ當に疾く法性を得、若しは得不』
何を以っての故に。
法性は得相に非ざるが故に。
舍利弗、菩薩摩訶薩是の如く習應す、
是れ般若波羅蜜與相應すと名づく。
復た次に舍利弗、菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時、法は法性より出ずる者有るを見不、是の如く習應す。
是れ般若波羅蜜與相應すと名づく。

復次舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。不作是念。
法性分別諸法。
如是習應。
是名與般若波羅蜜相應。
復次舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。不作是念。
是法能得法性若不得。
何以故。
是菩薩不見用是法能得法性若不得。
舍利弗。菩薩摩訶薩如是習應。
是名與般若波羅蜜相應。

復た次に舍利弗、菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時、是の念を作さ不。
『法性は諸法を分別す』
是の如く習應す、
是れ般若波羅蜜與相應すと名づく。
復た次に舍利弗、菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時、是の念を作さ不。
『是の法は能く法性を得、若しは得不』
何を以っての故に。
是の菩薩是の法を用って能く法性を得、若しは得不を見不。
舍利弗、菩薩摩訶薩是の如く習應す、
是れ般若波羅蜜與相應すと名づく。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館