<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經習應品第三

五、ブッダ、色即是空等を説く

佛告舍利弗。
菩薩摩訶薩習應七空時。
不見色若相應若不相應。
不見受想行識若相應若不相應。
不見色若生相若滅相。
不見受想行識若生相若滅相。
不見色若垢相若淨相。
不見受想行識若垢相若淨相。
佛舍利弗に告げさとせり。
「菩薩摩訶薩七空に習應する時、
色の若しは相應、若しは不相應を見不。
受・想・行・識の若しは相應、若しは不相應を見不。
色の若しは生相、若しは滅相を見不。
受・想・行・識の若しは生相、若しは滅相を見不。
色の若しは垢相、若しは淨相を見不。
受・想・行・識の若しは垢相、若しは淨相を見不。
不見色與受合。
不見受與想合。
不見想與行合。
不見行與識合。
何以故。
無有法與法合者。其性空故。
色與受の合するを見不。
受與想の合するを見不。
想與行の合するを見不。
行與識の合するを見不。
何を以っての故に。
法與法の合する者有ること無し。其の性は空の故に。

舍利弗。色空中無有色。
受想行識空中無有識。

舍利弗。色空故無惱壞相。
受空故無受相。
想空故無知相。
行空故無作相。
識空故無覺相。

舍利弗。色空中に色有ること無く、
受・想・行・識空中に〈受・想・行・〉識有ること無し。

舍利弗。色空の故に惱壞相無し。
受空の故に受相無し。
想空の故に知相無し。
行空の故に作相無し。
識空の故に覺相無し。

何以故。
舍利弗。色不異空空不異色。
色即是空空即是色。
受想行識亦如是。
舍利弗。是諸法空相。
不生不滅。不垢不淨不摯s減。
是空法非過去非未來非現在。
是故空中無色無受想行識。
何を以っての故に。
舍利弗、色は空に異なら不、空は色に異なら不。
色は即ち是れ空、空は即ち是れ色。
受・想・行・識も亦た是の如し。
舍利弗、是の諸法の空相、
生ぜ不、滅せ不。垢つか不、淨まら不、揩ウ不、減ぜ不。
是れ空法、過去に非ず、未來に非ず、現在に非ず。
是の故に空中に色無く、受・想・行・識無く、
無眼耳鼻舌身意。
無色聲香味觸法。
無眼界乃至無意識界。
亦無無明亦無無明盡。
乃至亦無老死亦無老死盡。
無苦集滅道。
亦無智亦無得。
眼・耳・鼻・舌・身・意無く、
色・聲・香・味・觸・法無く、
眼界無く、乃至意識界無く、
亦た無明無く、亦た無明盡無く、
乃至亦た老死無く、亦た老死盡無く、
苦集滅道無く、
亦た智無く、亦た得無く、

亦無須陀無須陀果。
無斯陀含無斯陀含果。
無阿那含無阿那含果。
無阿羅漢無阿羅漢果。
無辟支佛無辟支佛道。
無佛亦無佛道。
舍利弗。菩薩摩訶薩如是習應。
是名與般若波羅蜜相應。

亦た須陀無く、須陀果無く、
斯陀含無く、斯陀含果無く、
阿那含無く、阿那含果無く、
阿羅漢無く、阿羅漢果無く、
辟支佛無く、辟支佛道無く、
佛無く、亦た佛道無し。
舍利弗。菩薩摩訶薩是の如く習應す、
是を般若波羅蜜に相應す與名づく。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館