<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經習應品第三

三、菩薩の因縁により諸善法の生ずることを説く

舍利弗白佛言。
云何菩薩摩訶薩。過聲聞辟支佛地。住阿惟越致地。淨於佛道。
佛告舍利弗。
菩薩摩訶薩從初發意行六波羅蜜。住空無相無作法。能過一切聲聞辟支佛地。住阿惟越致地。淨於佛道。
舍利弗白佛言。
菩薩摩訶薩住何等地。能為諸聲聞辟支佛作福田。
佛告舍利弗。
菩薩摩訶薩從初發意行六波羅蜜。乃至坐道場。於其中間。常為諸聲聞辟支佛作福田。
舍利弗佛に言を白す。
「何を菩薩摩訶薩、聲聞・辟支佛地を過ぎ、阿惟越致地に住し、佛道に於いて淨むると云うや」
佛舍利弗に告げさとせり。
「菩薩摩訶薩初發意從り六波羅蜜を行じ、空・無相・無作の法に住し、能く一切の聲聞・辟支佛地を過ぎ、阿惟越致地に住し、佛道に於いて淨むる」
舍利弗佛に言を白す。
「菩薩摩訶薩何等の地に住し、能く諸の聲聞・辟支佛の為に福田を作すや」
佛舍利弗に告げさとせり。
「菩薩摩訶薩初發意從り六波羅蜜を行じ、乃び道場に坐すに至り、其の中間に於いて、常に諸の聲聞・辟支佛の為に福田を作す。
何以故。
以有菩薩摩訶薩因
故。世間諸善法生。
何等是善法。
所謂十善道五戒八分成就齋。
四禪四無量心四無色定。
四念處四正勤四如意足。
五根五力七覺分八聖道分。
盡現於世。
以菩薩因
六波羅蜜十八空佛十力四無所畏四無閡智。十八不共法大慈大悲一切種智。
盡現於世。
以菩薩因
故。
利大姓婆羅門大姓居士大家。四天王天乃至非有想非無想天。
皆現於世。
以菩薩因
故。
有須陀斯陀含阿那含阿羅漢辟支佛佛
皆現於世。
何を以っての故に。
菩薩摩訶薩の因
有る故を以って、世間の諸の善法生ず。
何等をか是れ善法。
謂う所の十善道・五戒・八分成就齋、
四禪・四無量心・四無色定、
四念處・四正勤・四如意足、
五根・五力・七覺分・八聖道分、
盡く世に於いて現わる。
菩薩の因
を以っての故に、
六波羅蜜・十八空・佛十力・四無所畏・四無閡智・十八不共法・大慈大悲・一切種智、
盡く世に於いて現わる。
菩薩の因
を以っての故に、
利大姓・婆羅門大姓・居士大家・四天王天乃至非有想非無想天有り、
皆な世に於いて現わる。
菩薩の因
を以っての故に、須陀・斯陀含・阿那含・阿羅漢・辟支佛・佛有り、
皆な世に於いて現わる」
舍利弗白佛言。
菩薩摩訶薩淨畢施福不。
佛言
不也。何以故。本已淨畢故。
舍利弗。菩薩摩訶薩為大施主。施何等。
施諸善法。
何等善法。十善道五戒乃至十八不共法一切種智。
以是施與。

舍利弗佛に言を白す。
「菩薩摩訶薩施福を淨畢すべきや不や」
佛言わく、
「不也。何を以っての故に。本より已に淨畢する故なり。
舍利弗、菩薩摩訶薩大施主と為り、何等をか施すや。
諸の善法を施す。
何等をか善法とす。
十善道・五戒乃至十八不共法・一切種智なり。
是を以って施與す」

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館