<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經習應品第三

一、ブッダ、一切の事物はただ名称のみと説く

佛告舍利弗。
菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。應如是思惟。
菩薩但有
SAT版有色字)名字
佛亦但有字。
般若波羅蜜亦但有字。
色但有字受想行識亦但有字。
佛舍利弗に告げさとせり。
「菩薩摩訶薩般若波羅蜜を行ずる時、應に是の如く思惟すべし。
菩薩は但だ名字有り、
佛も亦た但だ字有り、
般若波羅蜜も亦た但だ字有り、
色も但だ字有り、受・想・行・識も亦た但だ字有りと。

舍利弗。如我但有字。一切我常不可得。
生壽者命者生者。
養育數人者。
作者使作者。
起者使起者。
受者使受者。
知者見者。
是一切皆不可得。
不可得空故。但以名字

舍利弗、我の但だ字有る如く、一切の我常に不可得なり。
生・壽者・命者、生者、
養育、數、人者、
作者、使作者、
起者、使起者、
受者、使受者、
知者、見者、
是の一切皆な不可得なり。
不可得空の故に、但だ名字を以って
く。

菩薩摩訶薩亦如是行般若波羅蜜。
不見我不見生。
乃至不見知者見者。
名字亦不可見。
菩薩摩訶薩作如是行般若波羅蜜。除佛智慧。過一切聲聞辟支佛上。
用不可得空故。
所以者何。
是菩薩摩訶薩諸名字法。名字所著處。亦不可得故。
舍利弗。菩薩摩訶薩能如是行。為行般若波羅蜜。
菩薩摩訶薩亦た是の如く般若波羅蜜行ずるに、
我を見不、生を見不、
乃至知者・見者を見不、
說の名字も亦た見る可が故に不。
菩薩摩訶薩是の如く般若波羅蜜を行ずるを作せば、佛の智慧を除き、一切の聲聞・辟支佛の上に過ぐ。
不可得空を用いる故に。
所以の者は何に。
是の菩薩摩訶薩諸の名字の法、名字の所著する處、亦た不可得の故に。
舍利弗、菩薩摩訶薩能く是の如く行ずるを、般若波羅蜜を行ずると為す。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館