<<目次へ  <<戻る  訓読へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜経奉鉢品第二

一、菩薩摩訶薩が般若波羅蜜を行ずるとき天が守護することを説く

佛告舍利弗。
若菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。能作是功コ。是時四天王皆大歡喜意念言。
我等當以四鉢奉上菩薩。如前天王奉先佛鉢。
仏は舎利弗(シャーリプトラ)に次のように説いた。
「もし菩薩摩訶薩
(ボーディサットヴァ:覚りを求める衆生+マハーサットヴァ:偉大な衆生般若波羅蜜(プラジニャー:智慧+パーラミター:到彼岸、智慧の超越)を行じ、この功コをなすことができれば、この時は四天王がみな大いに歓喜し、そのこころは次のように思うだろう。
『我等が、まさに四つの鉢をこの菩薩に奉るのは、前の天王が先の仏に鉢を奉ったのと同じようだ』と。
三十三天乃至他化自在天亦皆歡喜意念言。
我等當給侍供養菩薩。減損阿修羅種。揄v諸天
三十三天から他化自在天まで、またみな歓喜し、そのこころは次のように思うだろう。
『我等が、まさに菩薩に仕え・供養し、阿修羅のようになる〈意識の中の〉種を減損し、諸々の天衆を増益すべきである』と。
三千大千國土。四天王天乃至阿迦尼天皆大歡喜意念言。
我等當請是菩薩轉法輪。
三千大千国土の四天王天乃至阿迦尼はみな大いに歓喜し、そのこころは次のように思うだろう。
『我らは、まさにこの菩薩に車輪を回すように理法を説いて下さいと請うべきである』と。
舍利弗。是菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。揄v六波羅蜜時。諸善男子善女人。各各歡喜念言。
我等當爲是人作父母妻子親族知識。
舎利弗。この菩薩摩訶薩が般若波羅蜜を行じ、六波羅蜜を増益する時、諸々の善男子・善女人は、各々歓喜し、次のように思うだろう。
『我等は、まさにこの人のために父母・妻子・親族・聖者となるべきである』と。
爾時四天王天乃至阿迦尼天皆大歡喜。各自念言。
我等當作方便。令是菩薩離於婬欲。從初發意常作童真。莫使與色欲共會。
その時、四天王天乃至阿迦尼はみな大いに歓喜し、各自次のように思うだろう。
『我等は、まさに方便を行い、この菩薩を婬欲から離れさせ、初めの〈覚りへの〉発意から常に童子のような真の無垢の境地におき、物質的存在への欲を起こすような環境におかないようにしなければならない』と。
若受五欲障生梵天。何況阿耨多羅三藐三菩提。
以是故。舍利弗。菩薩摩訶薩斷婬欲出家者。應得阿耨多羅三藐三菩提非不斷。
もし五欲(財産欲・性欲・食欲・名声欲・睡眠欲)を感じれば梵天に生まれるための障害となるのである。阿耨多羅三藐三菩提を得たことを自覚するために於いてはなおさらである。
以上の理由によって、舎利弗、菩薩摩訶薩が、婬欲を断ち出家するのであれば、まさに阿耨多羅三藐三菩提を得たことを自覚することになるであろう、断たないということはないのである」
舍利弗白佛言。
世尊。菩薩摩訶薩要當有父母妻子親族知識耶。
佛告舍利弗。
舎利弗は仏に申し上げた。
「世尊。菩薩摩訶薩には、まさに父母・妻子・親族・聖者がいることが必要なのでしょうか」
仏は舎利弗に次のように説いた。
或有菩薩有父母妻子親族知識。
或有菩薩從初發心斷婬欲修童真行。乃至得阿耨多羅三藐三菩提不犯色欲。
或有菩薩方便力故受五欲已。出家得阿耨多羅三藐三菩提。
「あるいは父母・妻子・親族・聖者のいる菩薩がいたとしよう。
あるいは初発心より婬欲を断ち、童子のように真の無垢の境地にあるように修行し、そして阿耨多羅三藐三菩提までを得たことを自覚して、物質的存在への欲を犯さなくなった菩薩がいたとしよう。
あるいは方便の力によって五欲を感じたうえで、出家して阿耨多羅三藐三菩提を得たことを自覚した菩薩がいたとしよう。
譬如幻師若幻弟子。善知幻法幻作五欲於中共相樂。
於汝意云何。是人於此五欲頗有實受不。
譬えば幻術師もしくは幻弟子が、よく幻法を知っているために、五欲を幻術によって作りだし、その中で共に笑い興じるようなものである。
汝はどう思うか。この人は特段にこの五欲に対する実益を受けることがあるかどうか」
舍利弗言。
不也世尊。
佛告舍利弗。
舎利弗は言った。
「ありません、世尊」
仏は舎利弗に次のように説いた。
菩薩摩訶薩以方便力故化作五欲。於中受樂成就生亦復如是。
是菩薩摩訶薩不染於欲。種種因
毀呰五欲。欲爲熾然欲爲穢惡。欲爲毀壞欲爲如怨。
「菩薩摩訶薩が方便の力によって五欲の幻影を作りだし、その中で楽を受け衆生を成就させるのも、また同様である。
この菩薩摩訶薩は欲に染まることなく、種々の因縁
(内因と外縁)は五欲をこわし否定するのである。欲を浮かび上がらせ、欲を汚れた悪しきものとし、欲を壊しくずし、欲を恨みのようなものとするのである。
是故舍利弗。當知菩薩爲生故受五欲。 したがって舎利弗、まさに菩薩は衆生のために五欲を受けるのであると知るべきである」

<<目次へ  <<戻る  訓読へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館