<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經序品第一

十二、仏法を聞き、説くには般若波羅蜜を学ぶべきことを説く

復次舍利弗。菩薩摩訶薩欲聞十方諸佛所
十二部經修多羅祇夜受記經伽陀憂陀那因
經阿波陀那如是語經本生經方廣經未曾有經論議經。
諸聲聞等聞與不聞。盡欲誦受持者。
當學般若波羅蜜。

復た次に舍利弗、菩薩摩訶薩十方諸佛の所
十二部經『修多羅・祇夜・受記經・伽陀・憂陀那・因
經・阿波陀那・如是語經・本生經・方廣經・未曾有經・論議經』を聞かんと欲し、
諸の聲聞等聞く與聞か不ると、盡く誦して受持せんと欲する者は、
當に般若波羅蜜を學ぶべし。

十方如恒河沙等世界中。諸佛所法已。聞已
欲一切信持自行亦爲他人

當學般若波羅蜜。
十方如恒河沙等の世界の中の諸佛所の法、
已に
き今き當にくを聞き已りて、
一切信持し自ら行じ、亦た他人の爲に
かんと欲せば、
當に般若波羅蜜を學ぶべし。
復次舍利弗。菩薩摩訶薩過去諸佛已
未來諸佛當

欲聞聞已自利亦利他人。
當學般若波羅蜜。
復た次に舍利弗、菩薩摩訶薩過去の諸佛已にき、
未來の諸佛當に
く、
聞き、聞き已り、自ら利し亦た他人を利せんと欲せば、
當に般若波羅蜜を學ぶべし。
十方如恒河沙等諸世界中間闇處。日月所不照處。欲持光明普照者。當學般若波羅蜜。 十方如恒河沙等の諸世界の中間の闇き處、日月の照らさ不る所の處に、光明を持って普く照らさんと欲する者は、當に般若波羅蜜を學ぶべし。
十方如恒河沙等世界中。無有佛名法名僧名。欲使一切生皆得正見聞三寶名者。當學般若波羅蜜。 十方如恒河沙等の世界の中、佛名・法名・僧名有ること無き、一切生を使て皆な正見を得て三寶の名を聞かしめんと欲する者は、當に般若波羅蜜を學ぶべし。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館