<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經序品第一

六、ブッダ般若波羅蜜を習行すべきことをシャーリプトラに説く

爾時是三千大千國土。皆成爲寶花遍[雨/復]地懸諸ヲ蓋。香樹花樹皆悉莊嚴。譬如花積世界普花佛國。妙コ菩薩。善住意菩薩。及餘大威神諸菩薩皆在彼住。

爾の時是の三千大千國土、皆な成りて寶花と爲し、遍く地を覆い、諸ヲ蓋を懸け、香樹・花樹皆な悉く莊嚴す。譬えば花積世界普花佛國の如し。妙徳菩薩、善住意菩薩、及び餘の大威神の諸菩薩皆彼に在って住す。

爾時佛知一切世界。
若天世界
若魔世界
若梵世界
若沙門婆羅門。及天
若犍闥婆人阿修羅等。
及諸菩薩摩訶薩紹尊位者。一切皆集。佛知會已集。
爾の時、佛一切世界の、
若しは天世界、
若しは魔世界、
若しは梵世界の、
若しは沙門・婆羅門及び天、
若しはノ闥婆人、阿修羅等、
及び諸菩薩摩訶薩尊位に紹ぐ者、一切皆な集まるを知り、佛會已に集るを知る。
佛告舍利弗。
菩薩摩訶薩欲以一切種智知一切法。當習行般若波羅蜜。
舍利弗白佛言。
世尊。菩薩摩訶薩云何欲以一切種智知一切法。當習行般若波羅蜜。
佛舍利弗に告げさとせり。
「菩薩摩訶薩一切種智を以って一切法を知らんと欲せば、當に般若波羅蜜を習行すべし」。
舍利弗、佛に白して言わく
「世尊。如何が菩薩摩訶薩一切種智を以って一切法を知らんと欲せば。當に般若波羅蜜を習行すべきや」。
佛告舍利弗。
菩薩摩訶薩以不住法住般若波羅蜜中。
以無所捨法應具足檀那波羅蜜。施者受者及財物不可得故。
罪不罪不可得故。應具足尸羅波羅蜜。
心不動故。應具足提波羅蜜。
身心精進不懈怠故。應具足毘梨耶波羅蜜。
不亂不味故。應具足禪那波羅蜜。
於一切法不著故。應具足般若波羅蜜。
佛舍利弗に告げさとせり。
「菩薩摩訶薩、不住法を以って般若波羅蜜の中に住すべし。 無所捨法を以って應に檀那波羅蜜を具足すべし。施す者、受くる者及び財物不可得の故に。
罪・不罪不可得の故に、應に尸羅波羅蜜を具足すべし。

心動か不るが故に、應に提波羅蜜を具足すべし。
身心精進懈怠せ不るが故に、應に毘梨耶波羅蜜を具足すべし。
不亂不味の故に、應に禪那波羅蜜を具足すべし。
一切法に於いて著せ不るが故に、應に般若波羅蜜を具足すべし。
菩薩摩訶薩以不住法住般若波羅蜜中。
不生故。應具足
四念處四正懃四如意足五根五力七覺分八聖道分。
空三昧無相三昧無作三昧。四禪四無量心四無色定八背捨八勝處九次第定十一切處。
九相。脹相壞相血塗相膿爛相青相噉相散相骨相燒相。
念佛念法念僧念戒念捨念天念入出息念死。
十想。無常想苦想無我想食不淨想一切世間不可樂想死想不淨想斷想離欲想盡想。
十一智。法智比智他心智世智苦智集智滅智道智盡智無生智如實智。
三三昧。有覺有觀三昧無覺有觀三昧。無覺無觀三昧。
三根。未知欲知根知根知已根。
菩薩摩訶薩不住法を以って般若波羅蜜の中に住すべし。
不生の故に、應に具足すべし、
『四念處・四正懃・四如意足・五根・五力・七覺分・八聖道分』、
『空三昧・無相三昧・無作三昧、四禪・四無量心・四無色定・八背捨・八勝處・九次第定・十一切處』、
九相『脹相・壞相・血塗相・膿爛相・青相・噉相・散相・骨相・燒相』、
『念佛・念法・念僧・念戒・念捨・念天・念入出息・念死』、
十想『無常想・苦想・無我想・食不淨想・一切世間不可樂想・死想・不淨想・斷想・離欲想・盡想』、
十一智『法智・比智・他心智・世智・苦智・集智・滅智・道智・盡智・無生智・如実智』、
三三昧『有覺有觀三昧・無覺有觀三昧・無覺無觀三昧』、
三根『未知欲知根・知根・知己根』を。
舍利弗。菩薩摩訶薩欲遍知佛十力四無所畏四無閡智。十八不共法大慈大悲。當習行般若波羅蜜。
菩薩摩訶薩欲具足道慧。當習行般若波羅蜜。
菩薩摩訶薩。欲以道慧具足道種慧。當習行般若波羅蜜。
欲以道種慧具足一切智。當習行般若波羅蜜。
欲以一切智具足一切種智。當習行般若波羅蜜。
欲以一切種智斷煩惱習。當習行般若波羅蜜。
舍利弗、菩薩摩訶薩遍く佛の十力・四無所畏・四無閡智・十八不共法・大慈・大悲を知らんと欲せば、當に般若波羅蜜を習行すべし。
菩薩摩訶薩道慧を具足せんと欲せば、當に般若波羅蜜を習行すべし。
菩薩摩訶薩道慧を以って道種慧を具足せんと欲せば、當に般若波羅蜜を習行すべし。
道種慧を以って一切智を具足せんと欲せば、當に般若波羅蜜を習行すべし。
一切智を以って一切種智を具足せんと欲せば、當に般若波羅蜜を習行すべし。
一切種智を以って煩惱習を斷ぜんと欲せば、當に般若波羅蜜を習行すべし。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館