<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜經序品第一

五、諸国土の菩薩摩訶薩ブッダに詣でる

是時東方過如恒河沙等諸佛國土。其國最在邊國名多寶。佛號寶積。今現在爲諸菩薩摩訶薩般若波羅蜜。
彼國有菩薩名曰普明。見大光明見地大動又見佛身。到寶積佛所白佛言。世尊。今何因
。有此光明照於世間地大震動又見佛身。
是の時東方に如恒河沙等の諸佛の國土を過ぎ、其の國の最在邊の國を多寶と名づけ、佛を寶積と號す。今現に在って、諸菩薩摩訶薩の爲に般若波羅蜜をく。
彼の國に菩薩有って名を普明と曰い、大光明を見、地大動するを見、又佛身を見、寶積佛の所に到り、佛に言を白せり「世尊、今何の因
で此の光明有って世間に於いて照らし、地大震動し又佛身を見るや」。
寶積佛報普明言。
善男子。西方度如恒河沙等國。有世界名娑婆。佛號釋迦牟尼。今現在欲爲諸菩薩摩訶薩
般若波羅蜜。是其神力。

寶積佛普明に言を報う
「善男子、西方如恒河沙等の國を度り娑婆と名づく世界有り、佛を釋迦牟尼と號す。今現に在って諸菩薩摩訶薩の爲に般若波羅蜜を
かんと欲す。是れ其の神力なり」。

是時普明菩薩白寶積佛言。
世尊。我今當往見釋迦牟尼佛禮拜供養。及見彼諸菩薩摩訶薩紹尊位者。皆得陀羅尼及諸三昧。於諸三昧而得自在。
是の時普明菩薩寶積佛に言を白せり
「世尊、我今當に往きて釋迦牟尼佛に見え、禮拜供養し、及び彼の諸菩薩摩訶薩尊位に紹ぐ者、皆な陀羅尼及び諸三昧を得、諸三昧に於いて而して自在を得るを見ん」。
佛告普明。
欲往隨意宜知是時。
佛普明に告げさとせり
「往かんと欲せば意に隨え、宜しく知るべし是の時である」。
爾時寶積佛。以千葉金色蓮花與普明菩薩。而告之曰。
善男子。汝以此花散釋迦牟尼佛上。生彼娑婆國中諸菩薩難勝難及。汝當一心以遊彼國。
爾の時寶積佛、千葉金色の蓮花を以って普明菩薩に與え、而して之を告げて曰く
「善男子、汝此の花を以って釋迦牟尼佛上に散ぜよ。彼の娑婆國の中に生れし諸菩薩勝ち難く及び難し。汝當に一心に彼の國を以って遊べ」。
爾時普明菩薩從寶積佛受千葉金色光明蓮花。與無數出家在家菩薩及諸童男童女。共發引皆供養恭敬尊重讚歎東方諸佛。持諸花香瓔珞澤香末香塗香衣服幢蓋。向釋迦牟尼佛所。 爾の時普明菩薩、寶積佛従り千葉金色光明蓮花を受け、無數の出家在家の菩薩及び諸の童男童女に與え、倶に共に發引し、皆な東方の諸佛を供養し恭敬し尊重し讃歎せんと、諸の花香・瓔珞・澤香・末香・塗香・衣服・幢蓋を持って、釋迦牟尼佛の所に向かいき。
到已頭面禮佛足一面立白佛言。
世尊。寶積如來致問。世尊少惱少患起居輕利氣力安樂不。又以此千葉金色蓮花供養世尊。

到り已って、頭面佛足を禮し一面に立ち、佛に言を白せり
「世尊、寶積如來問を致す、世尊、少惱・少患・起居・輕利・氣力・安樂か不か。又此の千葉金色の蓮花を以って世尊を供養す」。

爾時釋迦牟尼佛受是千葉金色蓮花。以散東方如恒河沙等諸國土中。佛所散寶花滿東方如恒河沙等諸佛國土。一一花上皆有菩薩。結跏趺坐六波羅蜜。聞此法者必至阿耨多羅三藐三菩提。 爾の時釋迦牟尼佛、是の千葉金色の蓮花を受け、以って東方如恒河沙等の諸國土の中に散ず。佛散ずる所の寶花、東方如恒河沙等の諸佛の國土に滿ち、一一の花上に皆な菩薩有り。結跏趺坐して六波羅蜜をく。此の法を聞く者は必ず阿耨多羅三藐三菩提に至る。
諸出家在家菩薩及諸童男童女。頭面禮釋迦牟尼佛足各以供養具。供養恭敬尊重讚歎釋迦牟尼佛。是諸出家在家菩薩及諸童男童女。各各以善根福コ力故。得供養釋迦牟尼佛多陀阿伽度阿羅訶三藐三佛陀。 諸出家・在家・菩薩及諸童男・童女、頭面釋迦牟尼佛足を禮し、各の供養の具を以って釋迦牟尼佛を供養し恭敬し尊重し讃歎す。是の諸出家・在家菩薩及び諸童男・童女は、各各善根・福徳力を以っての故に、釋迦牟尼佛多陀阿伽度阿羅訶三藐三仏陀を供養することを得たり。

南方度如恒河沙等諸佛國土。其國最在邊國名離一切憂。佛號無憂コ。菩薩名離憂。
西方度如恒河沙等諸佛國土。其國最在邊國名滅惡。佛號寶山。菩薩名儀意。
北方度如恒河沙等諸佛國土。其國最在邊國名勝。佛號勝王。菩薩名コ勝。
下方度如恒河沙等諸佛國土。其國最在邊國名善。佛號善コ。菩薩名花上。
上方度如恒河沙等諸佛國土。其國最在邊國名喜。佛號喜コ。菩薩名コ喜。如是一切皆如東方。

南方に如恒河沙等の諸佛の國土を度り、其の國の最在邊の國を離一切憂と名づけ、佛を無憂徳と號し、菩薩を離憂と名づく。
西方に如恒河沙等の諸佛の國土を度り、其の國の最在邊の國を滅惡と名づけ、佛を寶山と號し、菩薩を儀意と名づく。
北方に如恒河沙等の諸佛の國土を度り、其の國の最在邊の國を勝と名づけ、佛を勝王と號し、菩薩を徳勝と名づく。
下方に如恒河沙等の諸佛の國土を度り、其の國の最在邊の國を善と名づけ、佛を善徳と號し、菩薩を花上と名づく。
上方に如恒河沙等の諸佛の國土を度り、其の國の最在邊の國を喜と名づけ、佛を喜徳と號し、菩薩を徳喜と名づく。是の如きは一切皆東方の如し。

<<目次へ  <<戻る  現代語訳へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館