<<目次へ  <<戻る  訓読へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜経序品第一

三、ブッダの神通により大地が六種に震動する

爾時世尊故在師子座入師子遊戲三昧。
以神通力感動三千大千國土。六種震動
東踊(涌ならん)西沒
西踊東沒
南踊北沒
北踊南沒。
邊踊中沒
中踊邊沒。
地皆柔軟令生和ス。
そのとき世尊は、もとよりその師子座に坐ったままに師子遊戯三昧に入った。
すると神通力によって三千大千国土は感動し、六種に震動した。
東に涌き西に没み、
西に涌き東に没み、
南に涌き北に没み、
北に涌き南に没み、
辺に涌き中に没み、
中に涌き辺に没み、
大地はみな柔軟に動き、衆生を和やかに悦ばせた。
是三千大千國土中。地獄餓鬼畜生及八難處。即時解得生天上。從四天王天處乃至他化自在天處。 この三千大千国土の中の地獄・餓鬼・畜生及び〈仏に会えず法を聞けない〉八つの難処(地獄・餓鬼・畜生・長寿天・北倶盧洲[ウッタラ・クル]・聾盲瘖瘂・世智弁聡・仏前仏後)に生きるものは、即時に解脱し、四天王天処から他化自在天処(欲界の六天)までそれぞれの天上に生まれることができるであろう。

是諸天人自識宿命。皆大歡喜來詣佛所。頭面禮佛足卻住一面。
如是十方如恒河沙等國土地。皆六種震動。
一切地獄餓鬼畜生及八難處即時解
。 得生天上齊第六天。

この諸天人たちは自ら宿命を識って、みな大いに歓喜し仏所に来詣し、頭面で仏足を礼拝し、退いて〈仏所〉一面にかまえた。
このような十方のガンジス川の沙の数ほどもある国土の大地は、みな六種に震動し、
一切の地獄・餓鬼・畜生及び八難処に住むものは即時に解脱し、
天上に生まれることになった。
これらは第六天(他化自在天)に生まれるのと同等である。
爾時三千大千國土
盲者得視
聾者得
聽啞者能言
狂者得正
亂者得定
裸者得衣
者得飽滿。
病者得愈
形殘者得具足。
そのとき三千大千国土の衆生は、
盲者は視ることができるようになり、
聾者は聴くことができるようになり、
唖者は言うことができるようになり、
狂者は正常になり、
〈心の〉乱れる者は安定するようになり、
裸者は衣を得、
飢渇者は飽満することができ、
病者は癒やされ、
〈身体の〉形の残る者は〈不足の四肢を〉具足することができた。

一切生皆得等心。
相視如父如母如兄如弟如姊如妹。亦如親族及善知識。
是時生等行十善業道。
淨修梵行。
無諸瑕穢恬然快樂。
臂如比丘入第三禪皆得好慧。持戒自守不嬈生。

一切の衆生は、みな対等の心を得、
父の如く、母の如く、兄の如く、弟の如く、姉の如く、妹の如く、また親族及び善知識の如く、相手を視た。
この時衆生たちは、十善業(不殺生・不偸盗・不邪婬・不妄語・不両舌・不悪口・不綺語・不貪欲・不瞋恚・邪見)の道を行じ、
梵行(仏道修行)を清め修行し、
諸々の欠点も無く、何ものにも動ぜず、満たされ爽やかだった。
たとえば比丘が第三禅
(色界の四禅天中の一)に入り、皆好慧を得、戒を持ち自ら守り衆生を乱さないようなものである。

<<目次へ  <<戻る  訓読へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館