<<目次へ  訓読へ  次へ>>

 

摩訶般若波羅蜜経巻第一

後秦亀茲国三蔵鳩摩羅什訳

序品第一

一、耆闍崛山に集う聴衆

如是我聞。一時佛住王舍城耆闍崛山中。共摩訶比丘僧大數五千分。
皆是阿羅漢諸漏已盡無復煩惱心得好解
慧得好解
このように私は聞いた。あるとき、仏(ブッダ)は王舎城(ラージャグリハ)の耆闍崛山(グリドラクータパルヴァタ)中に、大比丘(ビクシュ、出家者)サンガ、教団)中の五千人と共に滞在していた。
かれらはみな阿羅漢
(アルハン、小乗仏教修行者の最高位)であり、諸々の汚れはすでに尽くし、また煩悩(苦を生みだす意識の作用)も捨て去り、心は解脱して不退の境地を得て、何物も生じることがなく、また滅することもないと覚り、智慧は解脱して無明(十二因縁の第一)を克服し見惑から離れていた。
其心調柔軟摩訶那伽。所作已。棄擔能擔逮得己利。盡諸有結正智已得解 その心が動ずることなく柔軟である摩訶那伽(マハーナーガ、偉大な龍)〈のごとき者〉たちは、なすべき徳目を既に備え(已地、小乗十地説の第七、大乗の十地は発趣品第二十に詳説す)、〈世俗の重荷の負〉担を棄て、進んで〈聖なる勤め〉を担えるようになり、自分の利益を抑制し、諸々の〈一切が過去・現在・未来の三世において〉有〈るという思い込み〉(説一切有部の教義)と結〈びついた煩悩〉(愛・恚・慢・痴・疑・見・取・慳・嫉等、初期仏典に五結、九結、十結等あり)を尽くし、すでに正智と解脱を得ていた。
唯阿難在學地得須陀
復有五百比丘尼優婆塞優婆夷等。皆得聖諦。

ただ阿難(アーナンダ)だけは学びの地〈位〉にあって、須陀(スロータアーパンナ、小乗仏教修行の第一の階梯)〈の位〉を得ていたのみであった。
また、五百人の比丘尼
(ビクシュニー、尼僧)、優婆塞(ウパーサカ、在家信士)、優婆夷(ウパーシカ、在家信女)等がいて、皆〈苦集滅道の四〉聖諦(聖なる真理)を得ていた。

復有菩薩摩訶薩。皆得陀羅尼及諸三昧行空無相無作。已得等忍得無閡陀羅尼悉是五通言必信受無復懈怠。 また菩薩摩訶薩(ボーディサットヴァ:覚りを求める衆生+マハーサットヴァ:偉大な衆生、金剛品第十三以下に詳説すがいたが、みな陀羅尼(ダーラニー、真理を護持する力にして呪文にあらず、広乗品第十九に詳説す)及び三昧(サマーディー、心を集中して諸事を正しく見る力)を得て、空・無相・無作(以上三解脱門)を行じ、すでに仏に等しいと認められる境地を得、何からも遮られることのない〈最高の〉陀羅尼を得ており、また悉くかれらには五〈神〉通(如意神足・天眼・天耳・他心智・自識宿命、往生品第四には六神通を詳説する)があって、その言うことは必ず信受せられており、また心が緩むこともなく、
已捨利養名聞。法無所悕望。
度深法忍得無畏力過諸魔事。一切業障悉得解
すでに利益・供養・名声・外聞を捨て、説法〈の代償〉を希望することも無かった。
また深き理法(十二因縁・三解脱門・諸法実相の境地)を認知到達し、無畏力(能持・知機・無相・善巧)を得、諸々の魔事(煩悩・五蘊・死・他化自在天子魔)をやり過ごし、一切の業障(煩悩・業・報)から悉く解脱していた。

法。從阿僧祇劫以來發大誓願。顏色和ス常先問訊所語不。於大中而無所畏。無數億劫法巧出


〈十二〉因縁(内因と外縁)の理法を説くことの巧みさにおいては、阿僧祇劫(アサンキヤー:人知を超えた長い時間+カルパ:四十里の岩山を天人が衣で拭いて摩滅し尽くすに要する時間)の過去に大誓願を発こして以来、顔色は和やかに悦ばしく、常に先ず問い訊ねられれば語ることはきめ細やか、大衆の中において畏れることはなく、無数億(億=十万)劫にわたって卓越して説法してきていた。

解了諸法如幻如如水中月如空如如ノ闥婆城如夢如影如鏡中像如化。得無閡無所畏。悉知生心行所趣。 諸々の事物は、幻のような、陽炎のような、水中の月のような、虚空のような、響のような、ノ闥婆(ガンダルヴァ、帝釈天に仕える音楽神)の作る城(蜃気楼)のような、夢のような、影のような、鏡中の像のような、変化(へんげ)のようなもの(以上諸法空の十喩)と理解し覚り、遮られることもなく畏れることもない境地を得て、悉く衆生の心とその行いの趣く所を知っていた。
以微妙慧面(而ならん)之。意無罣閡大忍成就如實巧度。願受無量諸佛國土。念無量國土諸佛三昧常現在前。能請無量諸佛。能斷種種見纏及諸煩惱。遊戲出生百千三昧。諸菩薩如是等種種無量功コ成就 そして微妙の慧(=般若)によって、これらから解脱させ、こころを遮るものをなくし、偉大な境地を成就させ、如実に巧みに覚りを開かせていた。無量の諸仏国土を願い受け、常に無量の国土の諸仏の三昧が現に目の前に存在するように念じ、よく無量の諸仏を請じ、よく種々の見誤り及び諸々の煩悩を断ち切り、百千の三昧に遊び、仕えた。諸々の菩薩は、このような種々の無量の功徳を成就していたのである。
其名曰陀婆羅菩薩。
那伽羅菩薩。導師菩薩。
那羅達菩薩。星得菩薩。
水天菩薩。主天菩薩。
大意菩薩。益意菩薩。
揶モ菩薩。不
見菩薩。
善進菩薩。勢勝菩薩。
常懃菩薩。不捨精進菩薩。
日藏菩薩。不缺意菩薩。
觀世音菩薩。文殊師利菩薩。
執寶印菩薩。常舉手菩薩。
彌勒菩薩。
その名を陀婆羅(バドラパーラ)菩薩、
那伽羅(ラトナーカラ)菩薩、導師菩薩、
那羅達(ナーラダッタ)菩薩、星得菩薩、
水天菩薩、主天菩薩、
大意菩薩、益意菩薩、
増意菩薩、不虚見菩薩、
善進菩薩、勢勝菩薩、
常懃菩薩、不捨精進菩薩、
日蔵菩薩、不欠意菩薩、
観世音菩薩、文殊師利(マンジュシリー)菩薩、
執宝印菩薩、常舉手菩薩、
弥勒(マイトレーヤ)菩薩という。
如是等無量百千萬億那由他諸菩薩摩訶薩一切菩薩。皆是補處紹尊位者。 このような無量百・千・万・十万那由他(ナユタ、膨大な数)の諸々の菩薩摩訶薩、一切の菩薩はみな〈仏滅後を〉補う処にあってその尊位を受け継ぐ者である。

<<目次へ  訓読へ  次へ>>

 

 

 

 

 

著作 アルキメデスの館